「撮られる側」ではなく「撮る側」|超クールなフェラーリの撮影車両がデビュー

Bicester Heritage

ビスター・ヘリテージを拠点とするコンテンツ・クリエーターのラレ社は、新しくフェラーリ・トラッキング・カーを発表し、自動車業界に旋風を巻き起こそうとしている。タロス・ビークル社との提携により、7日間で組み立てられたこの車両は、小さなチームがユニークなショットやコンテンツを撮影することを可能にし、多くの人に愛されているサーキットの曲がりくねった道を、これまでにないアングルで紹介する。



ラレ社と姉妹会社のPetroleum & Coで構成されるメディアグループは、ジミー・ハウソン氏とジョージ・ハウソン兄弟のクリエイティブな夢であり、2019年からビスターヘリテージ社に参加し、45人の現場スペシャリストのチームや他の有名ブランドと協力している。最近では、グッドウッドFOSとアストンマーチンとのパートナーシッププロジェクト、ポルシェとType7とのフィルム、クリス・ハリスをフィーチャーしたコレクティングカーズとの新しいビデオ委託の提供、ラーラ EXPのローンチフィルムなどがある。

ラレ社がハウソンメディア社を買収し、姉妹会社のPetroleum & Co.社と協力して、ソーシャルメディアの専門家と自動車のコマーシャルやショートフィルムの専門家を組み合わせることで、メディアグループのチームは最近10人以上のクリエーター集団に拡大した。このグループは、トラッキングやドローン映像などさまざまなメディアを駆使して、自動車業界の力強さ、情熱、動きを表現している。



インスタグラムやソーシャルメディアで成功を収めているラレ社は、今年8月19日から22日までファーンバラで開催されるブリティッシュカーショウでトラッキングカーを公開する。

ラレ社はビスターヘリテージ社の敷地内にあるビスターモーションの広大な敷地にダイナミックに加わり、過去・現在・未来のモビリティ技術と経験の主要な目的地となることが計画されている。



ラレ社の創業者であるジミー・ハウソン氏は次のように述べている。「我々は以前から、ユニークな高速撮影を行うための様々な手段を模索しており、今回のフェラーリのトラッキングカーは、数週間にわたる計画と調整の結果です。ラレ社にとってエキサイティングな時期であり、ファーンボローをはじめとする様々な場所で、我々の技術とブランドを新しい観客に届けたいと思っています」

またビスターヘリテージ社のシニアブランド&マーケティングマネージャー、フィリップ・ホワイト氏は次のように述べている。「ラレ社は、ここビスターヘリテージ社において、破壊的でダイナミックな存在であり、一瞬にしてトラックサイドに連れて行ってくれるようなコンテンツや画像を提供するという点で、私たちにとっては正真正銘の不可抗力です。ラレ社の新しいフェラーリのトラックカーの発表と、若いチームによるこの作品の制作スピードは、自動車業界のコンテンツの制作と消費のあり方の未来にとって、素晴らしいニュースです」

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事