シックスセンシズがブランド初の日本進出!|舞台は京都に決定

シックスセンシズ

最先端のウェルネス&スパ、斬新なレストランコンセプトなど非日常的な体験を提供することをコンセプトに掲げるシックスセンシズグループ。現在 19ヶ国、19軒のリゾートとホテル、そして27軒のスパを運営しているが、今回日本へ初出店することを発表した。ホテルが誕生するのは、京都市東山区馬町。妙法院と豊国神社の目の前に位置し、華やかな祇園からも徒歩圏内の好立地だ。

2024年の春にオープンを予定するこのホテルは、総客室数は81室を予定。自然とのつながりを感じさせる“バイオフィリックデザイン”を起用したデザインで、四季折々の美しい景色を存分に楽しむことができるように工夫されている。



また、この出店について、シックスセンシズグループの CEO ニール・ジェイコブス氏は「日本伝統文化の中心地である京都へ の進出を発表できることを大変喜ばしく思います。東京に拠点を置くウェルス・マネジメントをはじめとしたパートナー達と一緒に、京都が育んできた豊かな文化に、シックスセンシズのブランド精神であるサステイナビリティと高揚感のある体験を組み合わせ、ウェルネスに特化した最良のデスティネーションを開発しています。食事、おもてなし、庭園、小径、デザイン、そして伝統的なヒーリング手法が新たな価値を生み出し、中心街にありながら心を休めることができ、自身を取り戻せる特別な場所になります。2024 年にお会いましょう!」と、新店舗への意気込みを語ってくれた。

2024年となると、2年と少し先の話だが、丁寧に準備を進め、最高のおもてなしを準備してくれることだろう。「シックスセンシズ 京都」で週末を過ごすのが、今から楽しみだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事