ポルシェ718ケイマンGT4 RSの予約受注がスタート|大幅な軽量化でパフォーマンスも向上

Porsche

ポルシェモータ―スポーツのDNAを備えた718モデルレンジのトップモデル、「718ケイマンGT4 RS」の予約受注がついに始まった。



車体中央に配置される、911 GT3でおなじみの水平対向6気筒自然吸気エンジンは、500PS(368kW)の出力を発生、最高回転数は9,000rpmに達する。718ケイマンGT4の出力を80PS(59kW)上回る718ケイマンGT4 RSのパワーウエイトレシオは2.83kg/PSで、最大トルクは430 N・mから450N・mに増加した。

通常の718ケイマンと異なる部分として、新しい718のトップモデルには、運転席側および助手席側ウインドウの後方にあるプロセスエアインテークが備わる。この新しいエアインテークは吸気の流れを改善し、乗員は耳のすぐ横でスリリングなインテークサウンドを聴くことができる。

トランスミッションは、ポルシェデュアルクラッチトランスミッション(PDK)のみを装備。PDKは7速のギアを超高速でシフト、手動でギアを変更する場合もパドルシフトによってステアリングホイールに手を置いたまま操作することができる。加速については、わずか3.4秒(GT4のPDK仕様車:3.9秒)で静止状態から100km/hまで達し、7速で315km/h(GT4のPDK仕様車:302km/h)の最高速度に達する。

車両重量(DIN規格に準拠、乗員なし、燃料満タン)はわずか1,415kgである。ボンネットやフロントフェンダーなどのコンポーネントに炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を使用することにより軽量化が実現されている。断熱材の量の削減、軽量カーペット、軽量ガラス製のリアウインドウ、ナイロン製のドアオープナーとネットを用いた収納コンパートメントを備える軽量ドアパネルなど、あらゆる部分で余分な重量の排除に努めていることが伺える。



新しい固定式リアウイングのスワンネック式アタッチメント、およびアルミニウム製ウイングサポートも特徴的だ。GTレーシングカー、ポルシェ911 RSRと同じ形状の効率的なウイングは、911 GT3によってポルシェ市販車に最初に採用された。718ケイマンに比べて30mm低い車高、フロントホイールアーチの目立つベント、リアディフューザーを接続して空力的に最適化されたアンダーボディパネル、マルチ調節式フロントディフューザー、および新しいフローアラウンドサイドブレード付フロントスポイラーリップを組み合わせたGT4 RSは、サーキット専用のパフォーマンスモードを使用すると、GT4よりも約25%大きなダウンフォースを発生する。



718ケイマンGT4 RSは、「ドライビングプレジャー」という言葉のもつ意味を再認識させてくれるマシンだ。1,415kgという車両重量、俊敏なシャシーのセットアップ、最新のエアロダイナミクス、そして独自のサウンド。車体中央に配置される高回転型エンジンは500PS(368kW)の出力を発生する。コンパクトミッドエンジンモデルの王者ともいえる718ケイマンGT4 RSは、ニュルブルクリンクのノルドシュライフェにおいて、718ケイマンGT4のラップタイムを23秒以上短縮している。

その他アングルからの写真やインテリアは、この記事の画像ギャラリーからご覧いただきたい。

718ケイマンGT4 RS
トランスミッション:7速PDK/ハンドル:右/左/価格:18,430,000円(消費税込)

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事