新年を飾る日本の名品の数々│亥が主役の「博物館に初もうで」開催

上野・東京国立博物館にて、2019年1月2日から1月27日までの期間、新春イベント「博物館に初もうで」が開催される。

毎年お正月の恒例企画となっている「博物館に初もうで」は、その年の干支に沿った名品の数々と共に、新年の
幕開けを祝うイベント。2019年の干支は、古くから人々の身近に生息してきた「亥(イノシシ)」だ。本展では、イノシシのように“勢いのある”1年となるようにという想いも込められている

喜多川歌麿が描いた「浮世七ツ目合・巳亥」や岸連山の「猪図」など、江戸時代の画家による作品をはじめ、大正時代に石川光明が手掛けた「野猪」などを展示。古墳時代に製作された埴輪のイノシシの姿を目にすることもできる。

また、イノシシだけでなく、墨だけで表現された繊細な木々の風景が描かれた国宝「松林図屏風」や現存最古の「古今和歌集」の完本「古今和歌集(元永本)下帖」が公開されるほか、重要文化財「色絵月梅図茶壺」など、貴重な名品の数々を間近で鑑賞することができる。


「古今和歌集(元永本)下帖」


「色絵月梅図茶壺」

会場の外では、獅子舞や和太鼓などを楽しめる、伝統的な日本芸能イベントも2日間に渡って開催。池坊・蔵重伸氏によるいけばなの正月飾り(1月14日まで)が華やかに訪れた人々を迎えるのだ。

博物館に初もうで
期間:2019年1月2日(水)~1月27日(日)
開館時間:9:30~17:00※金・土曜日は21:00まで※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日、2018年12月26日(水)~2019年1月1日(火・祝)※1月14日(月・祝)は開館、15日(火)は休館。
場所:東京国立博物館
住所:東京都台東区上野公園13-9
観覧料:一般620円(520円)/大学生410円(310円)※( )内は20名以上の団体料金※特別展は別料金
※高校生以下、および満18歳未満と満70歳以上は無料。入館の際に年齢のわかるものを提示必要。
※障がい者とその介護者1名は無料。入館の際に障がい者手帳などを提示。

■1月2日(水)
11:00/13:30 和太鼓 湯島天神白梅太鼓 本館前
12:40/15:10 獅子舞 葛西囃子中村社中 本館前
■1月3日(木)
11:00/13:30 和太鼓 湯島天神白梅太鼓 本館前
11:50/14:20 クラリネット・コンサート ジュリアンズ 平成館ラウンジ
12:40/15:10 獅子舞 葛西囃子中村社中 本館前
※ 雨天時は場所を変更、または中止となる可能性有り。


RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事