炎のモンスター"ホットロッド"のレジェンドが売りに│100万ドルで手にするか?

ホットロッドとは、クラシックカーをベースに大出力のエンジンを載せ、ルーフやバンパーを取り除いたり、派手なペイントを施すなどしたカアメリカのカスタムカー文化である。1930年代が最盛期であったが、現在でも、当時ホットロッドを楽しんでいた人々がフォードのクラシックカーを購入し、改造をしていることも珍しくない。彼らにとっては、ホットロッドが"青春"なのだ。

ホットロッドコレクションの中でも象徴的な存在の、トム・マクマレンが手掛けた1932年 フォード ロードスターがオークションに出展された。1958年にマクマレンが購入し、1970年に手放すまでモディファイを繰り返していた。この1台はコマーシャルや映画でよく登場しており、1960年代のホットロッド文化を先導したものだ。1963年のHot Rodをはじめ、数々の雑誌の表紙も飾っている。





その時の表紙写真を参考に、レストアが施されており、コンデションは良好。2007年のぺブルビーチ・コンクールデレガンスにもホットロッドクラスで招かれているほどだ。1939年のフォードギアボックス、ムーンレーシングのアルミニウム燃料タンクに換装されている。



落札推定価格は75万ドル~100万ドル。(約7800万円~1億400万円)1970年に売りに出した際は5000ドルだったそうだ。ファンにとっては堪らない一台であることには間違いないが、落札には至っていない。1億円の車で走り抜けて、また改造を施す気にはあまりならないだろう...

RECOMMENDEDおすすめの記事