ランボルギーニ・ウラカン改良版「ウラカンEVO」日本での発売はいつから?

2019年3月8日、ランボルギーニ・ウラカンEVOが日本初公開された。同モデルは、ウラカンのダイナミクス性能と空力に改良を施し、パワーアップさせたモデルである。

ウラカンEVOの最大の特徴は、ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ(LDVI)とよばれる機能を採用していることであろう。LDVIは、全輪駆動、全輪操縦と併用のダイナミクス・システムと完全に一体化され、ドライビングロジックを予測する。ビークルダイナミクス制御の予測ロジックを備えているランボルギーニモデルはウラカンEVOが初だ。



ウラカン・ペルフォルマンテにも搭載されているV型10気筒5.2リッターエンジンを備え、最高出力470kW/8000rpm、最大トルク600Nm/6500rpmを発揮する。最高時速は325km/h、0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速9.0秒という真のスーパーカーともいえる1台だ。




一体型ウィングを備えたフロントスプリッターによる空力効率の確保が図られ、卓越した性能を実現するのだ。大型化したエアインテークは、ランボルギーニデザインDNAに受け継がれるイプシロンの形状を特徴としている。

また、ウラカンEVOの内に秘めたパワーとダイナミズムを最も顕著に表すものは、車両後部にある。リアバンパーの高い位置に、ウラカンのレースカーモデルに見られるワイドでオープンなむき出しのリアを反映した、新スポーツエキゾーストシステムのツインアウトレットが配置されているのだ。

アンダーボディは空気力学効率を最大にする形状になっている。徹底した改良で、ウラカンEVOのダウンフォースと空気力学効率は、第一世代のウラカンの5倍以上に向上している。

インテリアには、8.4インチのタッチスクリーンが搭載されている。カラーについては、幾つかのカスタムが可能。



デリバリーは2019年春より予定。

ランボルギーニ・ウラカンEVO 
ディサイズ:4520×1933×2236mm
ホイールベース:2620mm
車重:1422kg
駆動方式:AWD
変速機:7段LDFデュアルクラッチ
エンジン:V型10気筒5.2リッターエンジン
最高出力:470kW/8000rpm
最大トルク:600Nm/6500rpm
車両価格:2984万3274円(税抜予価)

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事