2億8400万円で落札された80年前のメルセデス・ベンツ

RM Sotheby's

2019年4月10日、11日に開催されたRM Sotheby’sのオークションにて、1937年 メルセデス・ベンツ 540K カブリオレ Aが225万ユーロ(約2億8400万円)で落札された。

すべての写真を見る

540Kは、1930年代シュトゥットガルトで製造されていた車を代表する1台である。500Kより更に希少なモデルであり、当時のメルセデスが製造していた最高級ツーリングカーだ。エンジンは5.4リッター 直列8気筒エンジンにまで拡大され、ルーツ式スーパーチャージャーを装備。それによって2300kgの大きな車体が、170km/hのパワーを発揮する。 



今回、落札されたシャシーナンバー 154078の1台は、1936年8月4日にブリティッシュ メルセデス・ベンツによってオーダーされた。12月7日にドイツを列車で出発し、12日にロンドンに到着したそう。ライトグリーンのボディに、ペールイエローのルーフを備えていた。シートは豚の革を使用している。イギリス仕様で右ハンドルなど本国使用とはいくつか異なる点があり、ジンテルフィンゲン工場で製造された同仕様車は32台のみだという。同仕様で現存しているのは18台だと言われている。



最初のオーナーは、イングランドのウォリックシャーに住んでいた人物で1937年以降は様々なオーナーのもとへ渡り、1992年から2009年は同じオーナーが所有していた。

2010年から所有していた人物は、9万ユーロをかけてメルセデス・ベンツ クラシックにてレストアを施した。その後、メルセデス・ベンツ クラシックのコレクションとなり、レストア車両としてディスプレイされていた。マッチングナンバー車であり、ドキュメント類も保存されている。レストアの技術も素晴らしく、至極の1台と言えるであろう。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事