ミニミニ大作戦に登場したランボルギーニ・ミウラが発見され復活

Lamborghini

車好きを魅了し続ける映画の一つ『ミニミニ大作戦』に登場する中でも、オープニングで崖から崩れ落ちていくランボルギーニ・ミウラ P400は印象に残る1台である。走行シーンに登場する車と故障する車は異なり、走行シーンに使用されたミウラは撮影後はイタリアで売却された。その後、行方不明になっていたが発見され、ポロストリコによるレストアが終了したのだ。

すべての写真を見る



確かに劇中に登場した1台であることに間違いないが、シートの色だけ変更されている。劇中に登場する1台のシートはブラックであるが、レストアされたものはホワイトである。元々のカラーはレストアされたものと同様にホワイトであったが、撮影で使われた後にファクトリーレベルへ修復できる保証が無いことからブラックにされたとのこと。ヘッドレストまでブラックにする時間が無かったため、ホワイトのままになったという。



レストアされたこの1台が映画公開50周年を記念し再び走り出す日がくるのであろうか、楽しみにしたい。



オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事