こんなポルシェあったの?│アイコニックなプロトタイプ5選

Porsche AG

ポルシェ本社の保管庫には、発表されることのなかったプロトタイプがいくつか存在する。その中でもアイコニックな5台を紹介する。 


ポルシェ984
1984年から1987年まで、エンジニアたちは将来のポルシェにおけるコンセプトを創り上げることに苦戦していた。この984はコンパクトで軽量、優れたエアロダイナミクスを備えたロードスターだ。そのパワーはたったの135hpで、パフォーマンスは二の次とした小型スポーツカーとして開発された。



カイエン・カブリオ
最近では、デジタル化することが新しい可能性を広げるための入り口である。新型モデルのボディ、ドライブトレイン、シャシー、何においてもコンピューターを使ってシュミレーションすることができるのだ。しかし、15年前の世界は全く違った。何をするにも物体とするしかなく、それを象徴するようにこのカイエンカブリオは2つの異なるリアデザインが盛り込まれている。現代であれば、2台の試作が生まれるところをコスト削減のために1台にしたというわけだ。


911 カレラ3.2スピードスター
1987年に製造された911 カレラ3.2 スピードスターは1人乗りタイプ。1950年代のスピードスターのように無駄なものはとことん省かれている。ボディは911カレラがベースとなっており、後に911スピードスターへと継承されている。ダブルバブルのリアカバーはカーボンファイバー製。



パナメリカーナ
1989年、フェリー・ポルシェ80歳の誕生日プレゼントして製作されたのが、パナメリカーナであった。滑らかなシームレスラインがデザインの特徴で、ルーフはジッパーで開閉可能というこれまでにはなかった斬新なスタイリングを持つ。わずか数ヵ月で開発され、その後このスムースなデザインは993に受け継がれている。



918スパイダー ローリングシャシー
ハイブリッドカーである918スパイダーの開発途中に作られたのが、918スパイダー・ローリングシャシーである。918スパイダーの市販化が本当に実現できるものであるか検証するために、ローリングシャシーで製作された。より速く、効率的な1台をつくることを目指し、2012年には数名の選ばれしジャーナリストによる試乗会が開催された。この際に得られた感想をもとに改良化され、918スパイダーとして市販化された。

Words: Porsche newsroom 訳:オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事