無数のポルシェがゴルフ場を彩る!│ポルシェ・ワークス・リユニオンを訪れて

Octane Japan

毎年夏に開催されるモントレー・カー・ウィークは、世界中の車好きを熱狂させる1週間だ。その中には、ポルシェ・ワークス・リユニオンと呼ばれる、ポルシェ・クラブ・オブ・アメリカ(PCA)が主催するイベントが存在する。ラグナセカにほど近い、コラル・デ・ティアラ・カントリークラブで開催され、緑が美しい芝生の上にカラフルな個性溢れるポルシェが大集合する。 


 
2019年は8月16日に第5回目のイベントとして開催された。年代問わず、ポルシェが端から端まで並ぶ光景には圧巻されるもので、ポルシェエンスージアストであれば興奮間違いないラインナップが勢揃いしているのだが、来場者はゴルフ場の入場料($20)のみで参加することができるという良心的なイベントだ。ポルシェ展示だけでなく、ポルシェグッズやパーツ販売のテントや、ミシュランのブースなども展開されている。 


ポルシェの駐車場は、モデル別でエリアが区切られそれぞれ旗が立っているところへ停める。並びはきっちりと揃っているわけでもないのだが、カラフルなポルシェが点在している風景だけでも充分に見ごたえがあるのだ。



展示されている車はオリジナルでなければけないなどのルールは全くなく、ラリーカーのようにペイントし改造したものなども並んでいる。一台ずつ、オーナーが書いた車の紹介文やストーリーが付けられているのだが、それをすべて読もうとすれば1日かかってしまうだろう。それほどに、オーナーの個性とポルシェ愛にあふれている。



このイベントを主催するPCAは、1955年に創設され、世界で最も由緒あるポルシェ・クラブである。ポルシェ・パレードという一大コンクールイベントでは、細かく基準が定められたジャッジシートをもとに本格的なコンクールと同様に審査がおこなわれ、受賞車が決められる。このイベントでも、コンクールがメインコンテンツとなる。カテゴリーは15程度に分けられ、それぞれ1台ずつ賞が授けられる。



しかし、ワークス・リユニオンではポルシェ・パレードよりもカジュアルなジャッジの仕方で、ポルシェへの愛や、どれほど日々を共にしているか、などが審査基準とされる。より多くの人にポルシェを気軽に楽しんでほしい、ということをコンセプトにしている。



その想いに沿い、訪れている人は老若男女問わずそれぞれが地面に座って休憩していたり、椅子でホットドッグを食べたり、とマイペースにその場を楽しんでいる。受賞車発表も形式ばって進められるわけではなく、ゆっくりと進行していく。オーナーそれぞれに、愛車の自慢や、何年乗っているのか、などを聞きながら表彰がおこなわれた。中には、「本当は妻の車なんだけれど、今日来れなかったから代わりに来た」と356に乗りながら話している人も。街中でも356を見かけると、女性が運転していることは珍しくなかった。ワインディングロードですら、難なく進んでいく姿には驚かされる。

ミュージアム級の車も山道で砂を浴びながら会場まで来ており、ポルシェという車が何のために生み出されたのか、改めて目の当たりにできるイベントである。ポルシェファンでなくても、ポルシェへ夢中になる人々の気持ちが理解できるのではないかと思う。


以下が2019年の受賞車。
P1/P1A  Class:  1959年 Porsche 356A



P3  Class: 1966年 Porsche 912



P4  Class: 1974年 Porsche 911 カレラ



P5  Class: 1991年 Porsche 911 カレラ2



P5A  Class: 1997年 Porsche 911 カレラ4S



P6 Class: 2009 911 カレラ S



P6A Class: 2019年 911 ターボ S



P7 Class: 1971年 914-6



P8 Class: 1985年 944



P9 Class: 2018年 718 ケイマン



P10 Class: 2014年 パナメーラ GTS



P12 Class: 1977年 911



P13 Class: 1962年 356B


P14 Class: 2018 911 GT3 ツーリング
 


たどり着くまでの道のりは容易ではないのだが、一度でも足を運ぶ価値のあるイベントのひとつだ。2020年度の開催予定はまだ発表されていないため、随時情報をお待ちいただきたい。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事