ドローンを5台搭載?さらなる未来へ 斬新なオフローダー電動自動車が登場

Audi

アウディは、フランクフルトモーターショー(IAA)2019において、電気自動車のオフロードモデルコンセプトカー、Audi AI:TRAIL quattroを発表する。これにより、以前に発表された3台のAIコンセプトカーとともに、未来のビジョンを語る四重奏が完成する。アウディ AIcon、AI:ME、AI:RACE、そしてAI:TRAILのラインナップだ。

全長4.15m、全幅2.15m、全高1.67mのボディを持つ4シーターモデルのAudi AI:TRAIL quattroは、自動運転の能力と優れたオフロード性能を組み合わせている。キャビンを取り囲むガラスは地面の近くにまで達し、最低地上高は34cmで、水深50cmの浅瀬でも走行可能。大容量バッテリーを搭載することにより、充電ステーションネットワークから外れた場所でも十分な航続距離を実現している。

走行距離の目標値は、舗装路または整備されたオフロードにおいては400~500km(WLTPモード)。多くのエネルギーを消費してしまう荒れたオフロードにおいても、その目標値は250kmで、上記の要件を満たすため、このクルマの舗装道における最高速度は130km/hに設定されている。電気駆動システムは、それぞれのアクスルに直接設置され、バッテリーはフロアに一体化されているため、モーターやバッテリー用の補助コンポーネントを収納するオーバーハング部分も不要になる。



アウディのデザイン部門責任者のマーク・リヒテは、このクルマのユースケースを次のように説明している。「AI:TRAILは、舗装路を外れた場所で革新的なドライビング体験を可能にする、エミッションフリーな電気駆動システムを搭載した、オフロードコンセプトカーです。一つの大きな塊から削り出したようなこのボディは、ガラス面積を最大限に確保して、周辺環境との濃密な一体感を実現しています。このクルマは、持続可能なモビリティをオンデマンドで供給できるコンセプトカーです」

フロントウィンドウの上端からリヤスポイラーに至るルーフのほぼ全面がガラス張りとなり、空と風景を眺めることができる。縦型のシングルフレームグリルですら8角形のガラスから作られており、アウディの4リングスエンブレムだけが通常の場所に配置されている。フロントウィンドウもテールゲートも大きく開くため、広々とした収納スペースに簡単にアクセスすることができる。リヤバンパーには、ハイキングブーツ、登山用具、濡れた衣服などの汚れたアイテムを入れておくことができるコンパートメントも一体化されている。

インテリアにおいて、目視可能なコントロールエレメントはごくわずか。インテリアの上部からシートクッションおよびダッシュボード下部までは、明るい色調でまとめられており、車内に座ると外の世界に向けて開かれているという感覚をさらに強く感じるであろう。ドライバーと車両をつなぐのは、ペダル、ステアリングホイール、いくつかのボタン、そして車両機能とナビゲーションの表示と操作用にステアリングコラムに接続されたスマートフォンである。後席に設置されたハンモックのようなシートは外に持ち出して、アウトドア用として使用することも可能。



また、未来型のロー/ハイビームに替わり、一体型マトリクスLEDエレメントを搭載したローターレスの(プロペラのない)三角形電動ドローンが合計5台装備されている。羽根なし扇風機と同じ原理で揚力を発生するアウディ ライトパス ファインダーと呼ばれるドローンは、Audi AI:TRAILの前方を飛んで道路を照らし出すことができる。そのため、従来型のヘッドライトが不要になっている。搭載したカメラの画像をWi-Fiで送信してディスプレイに表示することも可能で、パスファインダーは「空飛ぶ目」としても使えるのだ。



まったく新しく斬新な、電動自動車界の新星ともいえよう。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事