フェラーリ最高のミドシップV8搭載モデルが登場│F8スパイダー

Ferrari

過去最高のV8エンジンを搭載する、フェラーリF8スパイダーが登場した。1977年の308GTSから受け継がれる、フェラーリのオープントップモデルへ新たに加わる1台であり、488 スパイダーの後継となる。

搭載される3.9リッターV8 DOHC ツインターボエンジンはクーペモデル同様の720hpを発揮する。トランスミッションはオートマチック 7段DCTの用意となっている。488から進化している大きな点としては、ターボラグが完全に排除されていることがあげられる。V8ならではのサウンドはしっかりと守られているため、耳でもフェラーリを楽しむことができる。



デザインにもフェラーリのこだわりが凝縮されており、フェラーリのGTおよびチャレンジなどのレースで培った最先端の空力ソリューションと革新的技術が、この美しいスパイダーのスタイリングに取り入れられている。このリトラクタブルハードトップは14秒で開閉可能だという。45km/hのスピードであれば走行しながらでもオープンすることができる。ドライビングの快適性を求めながらも、ハンドリングが素晴らしいという点も魅力。



インテリアも基本的にクーペと変わらず、これまでのミドシップ V8エンジンモデルのデザインを踏襲したドライバーを中心としたクラシックな雰囲気となっている。F1マシン同様にドライバーと車の一体化を図るコンセプトを導入している。

日本販売予定や価格は未公表。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事