マリオット・インターナショナル 2020年は30軒以上のホテル開業予定

マリオット・インターナショナルは、2020年に30軒以上のラグジュアリーホテルを開業予定であることを発表した。世界で最も馴染みのある旅先から究極の秘境まで、契約締結済みの開発中案件において185軒以上のラグジュアリーホテルを予定している。開発案件には、アイスランド、モンテネグロ、フィリピンなどをはじめとし、当社のラグジュアリーポートフォリオに15を超える新たな国と地域が加わるとのこと。

「マリオット・インターナショナルは当社のラグジュアリーブランドの独自性と個性を尊重し、現代のラグジュアリー旅行者のニーズに応える、それぞれ微妙に異なる多種多様なブランド体験を提供しています。斬新で予測不可能かつ豊かなゲストエクスペリエンスを創り上げることで、私たちが未来を見据え、限界を越え、そして水準を高めて行くにあたり、当社のラグジュアリーブランドポートフォリオ全体にわたり、各ブランドレベル及び個々のホテル双方で、今後も継続的にイノベーションを推進し、新しい考えを取り入れます」と、マリオット・インターナショナル グローバルブランドオフィサー兼ラグジュアリーポートフォリオリーダー、ティナ・エドマンドソンはコメント。

マリオット・インターナショナル エグゼクティブヴァイスプレジデント兼グローバル開発最高責任者 トニー・カプアノはこうコメントした。「当社の2020年に30軒以上のラグジュアリーホテルを開業する、つまりは月に平均約3軒のエキサイティングな新ホテル開業という計画は、セントレジス、ザ・リッツ・カールトン、エディションのようなブランドが持つ驚くべき勢いを、裕福な旅行者や当社のMarriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)会員、ホテルディベロッパーの皆さまに物語るでしょう。毎年、当社のラグジュアリーポートフォリオは、世界中の戦略的なデスティネーションにおいて量的にも質的にも成長し続けています」

ラグジュアリーホスピタリティの将来を見据える中で、マリオット・インターナショナルは新しいジャンルの旅行者の出現につながっている、旅行者に現れる態度の変化をより良く理解するため、The Future Laboratoryのトレンド予測チームと協力した。



「変化を実感できる旅行の概念、つまり視点、自己反映、そして自己向上における動き(変化)によって意欲付けられ定義される旅行は、より一層目立ち始めてきており、“目的意識の高いラグジュアリー層(The Purposeful Luxurian)”という今まで以上に前衛的で先を考え、前向きな変化を起こそうとする新たなタイプの旅行者の出現につながっています。こうした新たなタイプの旅行者は、旅行を身体的及び精神的なウェルビーイングを向上させる方法として、また、良いことをする手段として考えています」とエドマンドソンは続けた。

マリオット・インターナショナルはホテル展開の規模と幅広さにより、進化するグローバルのラグジュアリー経済の前線に立ち、そのアプローチを高めグローバルな考えを持つ旅行者たちに新しいレンズを通して世界を見る機会を届けている。「私たちは、こうした目的意識の高いラグジュアリー層が渇望する、真に本物で珍しく、個々に合わせた体験を創ることでラグジュアリー旅行の未来を定義しているのです」とエドマンドソンは言う。

来年は、モロッコに初上陸し、そのダイナミックな首都においてザ・リッツ・カールトン ラバト・ダルエスサラームが開業、モロッコ初となるレジェンダリーサービスを届ける。また、ザ・リッツ・カールトン日光は、美しい奥日光の地に開業し、日本での当ブランドフットプリントをさらに広げる存在に。

注目のメキシコシティでの開業は、メキシコの首都を体験するユニークな手段をゲストに届ける。アリゾナのスコッツデールにあるカメルバック山を眺望するザ・リッツ・カールトン パラダイスバリーは、当ブランドのリゾートポートフォリオを拡大し、中国の南京での開業、また、ザ・リッツ・カールトン サウスビーチの大改築の完了を予定している。

そして、ザ・リッツ・カールトン・ヨット・コレクションの2020年6月の処女航海に向けて準備を進めているそうだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事