まさかの真相?庭に埋められていたフェラーリ・ディーノのストーリー

Jalopnik

1978年2月のこと。子どもたちがロサンゼルス、ウェスト・アセンズ地区、西1137、119ストリートにある家の庭で土を掘って遊んでいた。掘り下げっていってみると、なにか金属のような堅いものに当たり、子どもたちは保安官に連絡をした。

そこに巡査であるジョー・サバスとデニス・キャロルが訪れたが、もっと人手が必要だと判断し、穴掘り専門業者を呼んで現場に戻った。大人数で苦労して大量の土を掘り返した結果、ついにその正体が分かる。土に埋められていたのは、まさにお宝発見と言えるものだった。1974年 フェラーリ・ディーノ246GTSだったのだ。当時の価格としては、約250万円ほどだったが、現在は1000万円は当たり前に超える1台だ。

汚れたフロントガラスから中をのぞいた限りでは、遺体や密売品が隠されているようなことではなさそうだった。しかし、1974年に盗難届が出ているものであったそう。なぜ、車、しかもディーノが埋められることになったのだろう? 持ち主は誰なのか? どうやって盗まれたのだろうか?当時、ロサンゼルス・タイムズが大きく報道した内容としては、"車は1974年10月にカリフォルニアのアルハンブラに住む、ロセンド・クルーズという男性によって購入されたものだったが、その2ヶ月後に盗難にあった"ということだけであった。

月日は過ぎ、1986年、車の情報を発信しているオートウィークのグレッグ・シャープの調査によって、はじめて詳細が公に記録された。シャープによると、このディーノは、裕福な人や有名人が好んで使う販売代理店ハリウッド・スポーツカーズで購入されたもので、ロセンド・クルーズから妻への誕生日プレゼントだったという。

しかし、わずか500マイルしか乗っていないままで、夫妻の結婚記念日だった1974年12月7日の夜に盗難にあった。なぜ結婚記念日だったのだろうか。結婚記念日のその日、ハリウッドのウィルシア通りにあるブラウン・ダービーというレストランでディナーを楽しんだ夫妻は、ディーノを駐車場に停めないで路上駐車した。

そして、ディナーを終えて戻ってきたときには、(やはり)ディーノはなくなっていた。この事件は、皮肉にも警察が"自業自得の盗難被害"として片づけてしまった。そして、ファーマーズ保険会社が車の保障額全額を支払ったそう。

このため、ディーノが土の中から出てきたとき、法的には車はファーマーズ保険会社の所有物ということになっていた。その結果、車の状態はかなり悪いにもかかわらず、この車を買いたいという問い合わせが保険会社に殺到することに。ディーノ246GTSは世界で1274台しか生産されていないということもあり、根強い人気を誇っていた。しかし、何度も何度もリペイントされていたこのディーノは、白い傷跡のようなものが多く残っていた。



錆がピニンファリーナ製のボディにガンのような穴を容赦なくあけてしまい、美しいレザーインテリアも含め、あらゆるところに広がっていた。
にもかかわらず、ファーマーズ保険会社は車を競売にかけたのだ。

パサデナの倉庫に陳列されている間に多くの部品が盗まれたようで、数週間かかって入札、再入札を繰り返し、やっと5000ドルから9000ドルの間(約60~100万円)で売れた。その後、この一件は人々の記憶から徐々に忘れ去られた。だが、2012年、車のウェブサイトJalopnikのマイク・スピネッリが書いたこのディーノについての記事がきっかけで、ブラッド・ハワードという男性が電話をかけてきた。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事