「SUVの父」にインスピレーションを受けた限定ラングラー登場

FCA

1948年に発表され、オフロード車を民用の車としても認知させる存在となった「SUVの父」とも呼ばれるウィリスオーバーランドCJ-3Aにインスピレーションを受けたジープ・ラングラーの限定車が登場した。その名も、ラングラー・アンリミテッドだ。

すべての写真を見る

CJ-3Aはその先代モデルにあたるCJ-2Aに対して、エクステリアに手が加えられると共に、トランスミッションやリアアクスルといったメカニズムが強化され、よりタフな走りを実現した。この限定車はそうしたCJ-3Aの特徴を受け継ぎ、専用エクステリアパーツやオフロード性能を高める装備が採用されている。



エクステリアは、ブラック仕上げとなる専用グリルやグロスブラックの17インチアルミホイール、エンジンフードの「WILLYS」デカールやリアゲートの「4 WHEEL DRIVE」デカール、マットブラックのJeep®バッジなどにより、ベース車(アンリミテッド・スポーツ3.6L)との差別化が図られ、アクティブな外観が演出されている。

また、岩場などで車体下部を衝撃から保護するロックレールや、タイヤの空転を抑制しトラクション性能を高めるアンチスピンリアディファレンシャル、ハードコアモデルの「ルビコン」と共通のDana社製M220リアアクスルを搭載し、厳しい環境下でも優れた走破性を発揮する。



ボディカラーは、ベース車には設定のないスティンググレーC/C(限定200台)と、ブラックC/C(同100台)の2色が設定され、内装色はいずれもブラック。2020年2月8日(土)より、全国のジープ正規販売店を通じて300台限定で販売される。メーカー希望小売価格は521万円(税込)。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事