パリで発表されたアルピーヌ A110限定モデル日本導入│「アトリエ アルピーヌ」も

ALPINE

アルピーヌ本社に併設されるパリのショールーム スタジオ アルピーヌで、アルピーヌ A110 リネージ GT、アルピーヌ A110 カラーエディション2020の限定2モデル、そしてパーソナライゼーション プログラムのアトリエ アルピーヌが発表された。日本でも導入される。

アルピーヌ A110 リネージ GTは、アルピーヌ A110 リネージをベースに、内外装をエレガントに仕上げたモデル。新色1色を含む、3色のボディカラーバリエーションが用意される。世界限定400台。日本導入は、2020年春頃を予定。



アルピーヌ A110 カラーエディション 2020は、毎年受注期間限定で販売する、特別色の限定モデルである。2020年モデルは、A110Sをベースに、ジョン トゥルヌソル(イエロー)のボディカラーを採用した。日本導入は、2020年夏頃を予定。

アトリエ アルピーヌは、29色の新色ボディカラー、3種類のホイール(それぞれ 3色のカラーバリエーション有り)、4色のブレーキキャリパーカラーを自由に組み合わせてオーダーすることができるパーソナライゼーションプログラムである。オーナーにとって嬉しいサービスのこちらについても、日本導入が予定されており、2020年秋頃を予定している。

アルピーヌA110ファンは1年を通して、様々なアルピーヌを楽しむことができそうだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事