段ボールに埋もれていたランボルギーニ!│所有していたのはある国の王族だった?

Joe Macari Performance Cars

サウジアラビアの王族が所有していたランボルギーニ・ミウラSVがイギリスで売りに出されている。走行距離は約3800kmだという。

このミウラSVは1972年にサウジアラビアの王族一家のもとへデリバリーされた。特別な顧客に向けてランボルギーニはエアロカーナード付きのフロントバンパーを取り付けた。同様のカスタムが施されたのは、2台のみだといわれている。また、96台のみ製造されたスプリットサンプ化されているモデルでもある。



長きにわたり忘れ去られていたが、2000年初頭に王族が所有する貯蔵庫で段ボールに埋もれていたところを発見されたという。その後、2005年にランボルギーニやフェラーリのレストアを得意とするアメリカのショップへ渡り2年間に及ぶフルレストアが施された。メタリックグレーのボディに、オレンジのレザーが合わされユニークな一台になった。そのカラーの組み合わせはオリジナルでないものの素晴らしく、ミウラの歴史家が "Grigio Fantastico Metallizzato"と呼ばれるべきだと表現したほどだという。インテリアも見る



2011年からはイギリスへ渡り保管されてきた。レストアされてから2000km以上を刻み、現在は5759kmとなっているがそれでもなおコレクターズアイテムに相応しい一台だろう。

価格は259万4950ポンド(約3億4500万円)。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事