時代に翻弄された悲運のレースカー フェラーリ312Pの美しさを一冊に

マニアックで幅広い、車・バイクの書籍を扱う代官山蔦屋書店 クルマ・バイクコーナーの新入荷書籍をご紹介。

312P - One of Ferrari’s most beautiful racers 312P
ル・マンがフォードとフェラーリ中心に争われた60年代、速過ぎた故の規制から新たに主役に躍り出ることになった3リッタークラスのニューマシン、フェラーリ312Pの写真資料集。空力を得意としF1でも活躍したデザイナー、G・カリーリによる高速安定性を第一にしたマシンは”大げさなウイング等使わず、スポイラーなど付加部品のみで性能向上しようとした"潔さ"から、そのスタイルは流れるようにスムーズで気品溢れる美しさを印象付けた。



本書ではそれら技術情報と1969年のワークス活動からNARTに渡っての70年、大幅モディファイされ「キネッティ・スペシャル」になっての71年のレース活動を詳細。近年のリバイバルイベントとスタジオ撮影含めレアショット豊富な写真237枚で紹介する。レギュレーションが再び大排気量車に味方し僅か1年での主役降板ながら、プロトタイプのモデル変遷も興味深く、名車330と512の間に隠れた秀作に光を当てる稀有な一冊。


1万6423円 (税込)
著者など:Gianni Agnesa(著)
出版社:McKLEiN Publishing
ハードカバー/W305×H285/カラー・モノクロ/264p/英・伊・独語併記
商品サイトはこちら



 

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事