ウブロ 限定モデル「ビッグ・バン GMT オールブラック ヨウジヤマモト」 を発表

スイスの高級時計ブランド「ウブロ」は、2020年5月、「ウブロブティック銀座」が銀座・中央通りにグランドオープンすることを記念し、限定モデル「ビッグ・バン GMT オールブラック ヨウジヤマモト」を発表。このエクスクルーシブなタイムピースは、既成概念を覆した「黒の衝撃」で世界的に知られるアヴァンギャルドなファッションデザイナー、山本耀司氏とウブロのコラボレーションにより誕生した。

「私たちはこの銀座ブティックのオープンを、ファッションデザイナーとして世界的スターである山本耀司氏とコラボレーションできたことを大変誇りに思います。このオールブラックの限定エディションでは、山本耀司氏の「黒」のデザインと、複雑なGMT(第二時間帯表示)機能を融合させ、ひとつのシンプルな美を表現しました」とウブロCEOのリカルド・グアダルーペはコメント。

 「例えば私の拠点である2つの都市、東京とパリの時間が、ひとつの時計に存在し、しかもそれが“見えない”ところが、あまり素直ではない僕としては、非常におもしろいと思っている。日本を代表する街の一つである銀座に誕生するウブロ銀座ブティックの記念モデルに参加できたことをうれしく思う」と山本耀司氏は話した。 

「デュアル(二重性)」をテーマにしたこの時計は、GMT機能搭載により異なる2つのタイムゾーンを表示する。このタイムピースの心臓部には、ウブロのマニュファクチュール製ムーブメントであるウニコHUB1251が搭載されている。このムーブメントには、特許取得済みのモジュールが採用され、プッシュボタンを押すだけで、一つのタイムゾーンから、もう一つのタイムゾーンを簡単にセット可能だ。矢印型の針で示すホームタイムおよびデイ&ナイト表示はリュウズを使用してセットされる。この「デュアル」コンセプトにちなみ、6時位置のヨウジヤマモトのロゴも二重になっているレアなデザインとなっている。 

2006年、ウブロは全く新しい、革新的な「インビジブル・ビジリティ(見えない可視性)」コンセプトのオールブラック コレクションを発表した。「オールブラック」でデザインされた今回の新作限定エディションは、ウブロのブランドエッセンスを象徴している。マイクロブラスト加工のブラックセラミック製ケース、ブラックの針、ブラックのラバーストラップ、さらに時計の風防にはスモーク加工のサファイアクリスタルを使用し、まさにすべてが「オールブラック」。スイス本社の工房(マニュファクチュール)で熟練した時計職人によって製造されたこの時計は50本限定で、「ウブロブティック銀座」のみで限定販売する。

■製品概要
リファレンス    471.CI.1114.RX.YOY20 
ケース素材     ブラックセラミック(マイクロブラスト仕上げおよびポリッシュ仕上げ)
ケースサイズ/厚さ 45mm, 15.85mm
ベゼル        ブラックセラミック(マイクロブラスト仕上げおよびポリッシュ仕上げ)
ガラス        サファイアクリスタル(両面無反射コーティング)
防水性        10気圧 (100m防水)
ムーブメント     Hublot HUB1251 自社製自動巻きGMT(振動数 28,800 /時(4Hz))
パワーリザーブ   約72 時間
ストラップ     ブラックラバーストラップ
発売予定日     2020年5月 予定
価格        250万円(税抜)
限定        限定50本 (「ウブロブティック銀座」限定モデル)
※「ウブロブティック銀座」は5月中にオープン予定。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事