興味深いヒストリ―を持っていた一台!英国製スポーツカー初の四輪独立懸架モデル ACエース

Photography:Jordana Schramm

この記事は『2種のブリティッシュ・スポーツカーの逸品│同じエンジンを持った2台に対面』の続きです。

ACエースは高名なレーシングカー設計者、ジョン・トジェイロの設計である。鋼管製ラダーフレームに、前後軸に横置きリーフスプリングとロワーウィッシュボーンを備えた、英国製スポーツカー初の四輪独立懸架モデルだ。

 
ギアシフトはストロークが長く多少の練習を要するがすぐに慣れる。ゆっくり確実な操作がベストな方法だ。高速クルーズに有効なオプションのオーバードライブは装備されていたが、なぜかオプションだったフロントのディスクブレーキは未装着だった。ウィルヘルムはアルフィン・ドラムも有効だと私を安心させようとしたが、それらはディスクほどの効きはない。私は自分のXK140をディスクブレーキにアップグレードしてあるので、私自身が頭を切り替える必要があった。オリジナルでは望み得ないほどきちんとした作りのトノーカバー・レザーストラップは、ウィルヘルムが作った。これなど彼の典型的なドイツ的ディテールへのこだわりなのだろう。


 
シャシーナンバーは312で、現在では完全なオリジナルスペックに保たれているが、そのヒストリーは興味深い。「当初はアメリカに輸出され、長くそこでレーシングカーとして使われていました。しかもある時点ではアメリカンV8に換装されたりもしていました。もちろん、現在では正しいブリストル製2リッター ストレートシックスに戻されています。ボディにも手が入っていますが、ドアやボンネット、トランクリッドには、ボディナンバー312のオリジナルスタンプが残っています。アメリカを離れてからはオーストラリアに渡ったことがわかっています」

「私は購入後すぐに、このプロジェクトを任せられるであろう、スタントン・モータースポーツのスティーブン・スタントンのもとに預けました。ロンドンの西方でバースとの中間、デヴォンシャのメンベリーにあるスペシャリストショップで、ACやフレイザー・ナッシュ、BMW328などを多く手がけています。このエースは現在、完璧に動く最高のコンディションにあります。といっても、乗ることに躊躇したりはしません。私にはとても使いやすい車です。外装は柔らかいアイボリーで内装は赤の革トリムというのも気に入っています」

編集翻訳:小石原耕作(Ursus Page Makers )  Transcreation:Kosaku KOISHIHARA (Ursus Page Makers ) Words:Robert Coucher Photography:Jordana Schramm 取材協力:A.ランゲ&ゾーネ(www.alange-soehne.com )

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事