長距離の旅におすすめ│BMW X2のラインアップにクリーンディーゼルエンジン搭載モデルが追加

BMWは、X2のラインナップに、クリーン・ディーゼル・エンジンを搭載した「BMW X2 xDrive20d」を追加した。

X2はプレミアムコンパクトクラスSACである。2018年に誕生した、BMW Xモデルらしいオフロード性能と顧客の創造性を駆り立てる都会的な存在感を併せ持つ。スタイリッシュなクーペデザインを取り入れることにより、都会でも、郊外でも、あらゆる走行シーンに適したモデルである。

新たにラインアップに加わるBMW X2 xDrive20dは、走破性に優れた4輪駆動システムを取り入れ、既にラインアップされているBMW X2 xDrive18dより高出力型となる、最高出力190ps(140kW)/ 4,000rpm、最大トルク400Nm / 1,750-2,500rpmを発揮する2.0リッター直列4気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載。WLTCモードでの燃料消費率は14.5km/リッターであり、パワフルでありながら効率を高め、特に長距離走行に適しているのである。


BMW X2 xDrive20d M Sport X Edition Joy+ 536万円(税込)
BMW X2 xDrive20d M Sport X  561万円(税込)

BMW X2 xDrive20d
全長4375mm、全幅1825mm、全高1535mm、
ホイールベース 2670mm
車両重量 1680kg
車両総重量 1955kg
排気量1995cc
直列4気筒ディーゼル・エンジン
最高出力190ps(140kW)/4000rpm
最大トルク400Nm/1750-2500rpm
燃料消費率WLTC 14.5km/L

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事