偉大なスポーツカー ジャガーXKSSはどのようにして生まれたのか?

Photography: Amy Shore, Mike Dodd, Nick Dungan

ジャガーXKSSという偉大なスポーツカーは、Dタイプからどのようにして生まれたのか、ジャガーの歴史に詳しいポール・スキルターが解説する。

XKSSは、ル・マンでの活躍とその時代の終焉によって生まれた車だ。この恐ろしいほど速いロードゴーイングレーシングカーのベースとなったのは、1955年の"量産型"ジャガーDタイプだった。ホモロゲーション取得とプライベートドライバーへの販売を目的に生まれた量産型は、1956年にかけて67台が製造され、1台1台がMIRAでテストされた。
 
だが、レースの世界が立ち止まることはない。生産が完了するころにはDタイプの競争力は衰え、特に顧客が出走するような小規模なサーキットでの、スプリントレースが苦手になった。価格もジャガーMkⅦサルーンの3倍近くに上ったため、売れ行きは芳しくなかった。1956年11月には25台がブラウンズレーンの本社に売れ残っており、旧式の印象は強まる一方だった。そうしたなか、1957年1月21日に「新たなスポーツレーシングモデル」が発表された。


 
プレスリリースには、「有名なル・マン・タイプのジャガー」だが、「オーソドックスなフルタイプのウィンドスクリーンや折り畳み式のソフトトップ、各種メーターが揃った計器パネル、クッションの効いたシート、ラゲッジラック、バンパーなど、スポーツカーレースだけでなく、高速の長距離ドライブにも適した車に改良されている」とある。
 
このニューモデルこそ、量産型Dタイプに公道用の装備を加えて誕生したXKSSだった。定価が6900ドルとドル建てだった理由は、プレスリリースによれば、「通常の公道使用とスポーツカーレースの両方に適したタイプを求める声がアメリカで高まっている」ことに応えて生まれた車だったからだ。
 
ここでいうレースとは、スポーツカー・クラブ・オブ・アメリカ(SCCA)が管轄するものを指していた。XKSS誕生の本当の理由は、高価な在庫を現金に変えることだったのではないかと考える者もいるが、当時ジャガーのワークスチームを率いていたフランク"ロフティ"イングランドは、その説を否定している。「XKSSを造った本当の理由は、SCCAがDタイプをプロダクションスポーツカーとして認めなかったからだ。ブリッグス・カニングハム(当時アメリカでのジャガーのトップチーム)は、SCCAのレースで優勝したいと願っていたので、私たちもXKSSを50台製造する決定をしたのです」

HISTORY 編集翻訳:伊東 和彦(Mobi-curators Labo.) Transcreation: Kazuhiko ITO( Mobi-curators Labo.) 原文翻訳:木下 恵 Translation: Megumi KINOSHITA Words: David Lillywhiite 

RECOMMENDEDおすすめの記事