進化を遂げるアウディの照明デザイン│ライティングテクノロジーの新たな次元の扉く

アウディは、ライティングテクノロジーの新たな次元の扉を開く。従来、車の照明は、すべての道路利用者の交通安全を確保する目的で使用されてきた。しかし、ヘッドライトとリヤライトのデジタル化により、これまでにない新たな展望が開けている。ライトは外部とのコミュニケーションと相互作用の媒体になる一方で、個性的なデザインを創出したり、新しいスタイリングやカスタマイズオプションをお客様に提供することが可能になる。

照明技術は飛躍的な進化を遂げました。わずか20年の間に、自動車のヘッドライトは、ハロゲンライトからキセノンヘッドライト、そしてLEDテクノロジーへと変化している。このような新しいテクノロジーは、カスタマーにとっても重要な付加価値を生み出している。アウディの照明は、視認性を向上させるだけでなく、あらゆる時代においてアウディブランドのフロントデザインを定義する一方で、コミュニケーションの手段として日常走行における使い勝手を高め、デザインエレメントとして美しいスタイルの創出に貢献してきた。

ライトに使用されるバルブの進化をきっかけとして、照明デザインと効率の両方が向上した。現在、光のデジタル化は、まったく新しいデザインの可能性を秘めた革新的機能の開発を推進しており、光は多機能になりつつある。新世代の車は、ライトシグナルによって、周囲の道路利用者とコミュニケーションを行う。このような機能の歴史は2008年に遡ることができ、当時のAudi A8は、オートマチックダイナミックヘッドライトレンジコントロール機能を備えたアダプティブライトを装備していた。

2010年には、フロントウィンドーに装着されたカメラで、他の道路利用者を検知できるようになる。その2年後、アウディはR8に革新的なダイナミックターンシグナルを導入。現在でも採用されているこの機能は、方向指示灯の光が流れるように点灯することで、安全性が大幅に向上した。2017年、アウディは限定モデルのR8 LMXに続き、ラグジュアリーセダンのAudi A8に、ハイビームに追加のレーザーを使用し、HDマトリクステクノロジーを搭載したLEDヘッドライトを発表した。

これは市販車における世界的なイノベーションとなった。現在、アウディは、多種多様な機能を追加しながら、マトリクスLEDヘッドライトをデジタル化している。新型Audi Q5のデジタルOLEDリアランプは、今年からCar-to-X通信の扉を開き、今回初めて、車両の注文時にカスタマーが好みのテールライトデザインを選択できるようになった。

アウディは、路面をインテリジェントに照らすだけでなく、特徴的なライトシグネチャーとダイナミックな照明シナリオを使用して、アウディの各モデルに紛れもない個性を与えている。アウディは、モデルごとに異なるライトシグネチャーの選択肢をカスタマーに提供して、さらなる差別化を図っている。ダイナミックターンシグナルや、ダイナミックカミングホーム/リービングホーム機能は、印象的な光の動きを演出することによって、エモーショナルな感動を与える。今後、アウディの照明技術により、走行安全性がさらに高まり、各モデルの個性がより明確になり、外部とのコミュニケーションがさらに効果的に行われるようになるだろう。

RECOMMENDEDおすすめの記事