電動車販売が好調な1年を経てゲント工場の電気自動車(BEV)の生産能力を3倍に拡大

ボルボ・カーズは、充電可能なモデルとなるリチャージ・ラインアップ(BEV、PHEV)の急速な需要増に対応するため、ベルギーのゲント工場で電気自動車(BEV)の生産能力を3倍に増強すると発表した。

2020年の通期販売実績において、総販売台数に占めるリチャージ・モデルの割合が、2019年と比較して2倍以上に増加するなど、充電可能なリチャージ・モデルの需要が大きく伸びていることを示している。

2022年までには、ゲント工場の電気自動車(BEV)の生産能力は現在の3倍以上になり、工場全体の生産能力の約60%に達する。ゲント工場では現在、CMAアーキテクチャをベースにしたボルボ2番目となる電気自動車(BEV)を今年後半に生産開始する準備を進めています。同工場では、ボルボ初の電気自動車であるXC40 Recharge(BEV)と、XC40(PHEV)をすでに生産している。

「当社の未来は電気自動車であり、お客様はわたしたちのリチャージ・ラインナップを高く評価しています。ラインナップの電動化を進め、生産能力を向上させていく中で、ゲント工場は当社のグローバルな製造ネットワークにとっての先駆者となります」と、グローバルインダストリアルオペレーションおよび品質責任者のハビエル・ヴァレラは述べている。

ボルボ・カーズは、プレミアム電気自動車会社になることを目指しており、今後数年のうちに複数の電気自動車を発売する予定。2025年までには、世界販売台数の50%が電気自動車(BEV)で、残りがハイブリッド車となることを目標としている。

ゲント工場は、ボルボの世界的な製造ネットワークの中で初めて電気自動車の製造を開始した工場だが、ボルボ・カーズは、他の世界各国の工場においても電気自動車の生産能力を高める計画だ。

ボルボ・カーズは次世代ボルボ車用モーターの社内設計と開発にも大規模な投資を行っており、今後数年間で7億SEKを投資する計画となっている。また、2020年代半ばまでにスウェーデンのショブデにあるパワートレイン工場で、モーターの完全な自社生産を確立する計画を先月発表した。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事