ベントレーコンチネンタルGT、生産台数8万台を達成!

Bentley

イギリスのクルーに本社を置くベントレーは、80,000台目のオーダーメイドの世界で最も信頼の置ける高級グランドツアラーであるコンチネンタルGT(オレンジフレームで右ハンドルのコンチネンタルGT V8)を、今週初めに世界初の高級車生産用のカーボンニュートラル工場で製造した。

1952年にベントレーRタイプコンチネンタルがデビューした。最高時速は約190km/hのマリナー製ボディの4人乗りクーペで、高速ラグジュアリーカーの究極の存在として評判を得た。



2003年にはコンチネンタルGTが発売された。現代のベントレーの最初の1台ともいうべき車だ。Rタイプに触発された最初のコンチネンタルGTは、モダンラグジュアリーグランドツアラーというまったく新しい市場セグメントを確立した。今まで挑戦されてこなかったセクターであり、今では世界中のカスタマーに年間平均約5000台も販売されている。

最初のコンチネンタルが生まれてから18年後の今日、ベントレーの熟練した職人(その多くがまだベントレーが所有している初期のコンチネンタルに取り組んでいるであろう)によって8万台目のコンチネンタルGTが製造された。18年の間にスタイルやテクノロジー、エンジニアリングは大幅に進化し、ピークパワーは最大27パーセントも増加している。また現行モデルは過去のコンチネンタルGTよりもCO2排出量が48パーセント削減された。




ベントレーの会長兼最高経営責任者であるエイドリアン・ホールマークは次のようにコメントしている。

「2003年の発売当時、ベントレーは革新的なコンチネンタルGTで現代のグランドツアラーを再定義しました。2021年現在、GTは最新のテクノロジー、パフォーマンス、スタイルを備えた究極のラグジュアリーグランドツアラーであり続けています。この成功は、ここクルーのデザイナー、エンジニア、職人のスキルの証です」

「2003年にベントレーで最初のオリジナルのGTを発売できたことを嬉しく思います。最新世代のGTの発売とそれに続くモデルのためにここにいることは、個人的に大きな誇りの源です。たとえサステナブルなラグジュアリーモビリティの世界有数のプロバイダーに移行したとしても、GTは今後数年間、ベントレービジネスの象徴的なバックボーンであり続けるでしょう」

車のプラットフォームは第3世代のベントレーデザインにアップグレードされ、全く新しいスタンス、プロポーション、ダイナミックさが実現した。シャープなラインと流れるような表面を備えたまったく新しいボディワークデザインに包まれたコンチネンタルGTは、スタイリッシュで非常に現代的なグランドツアラーだ。

真の贅沢を表現する第3世代のコンチネンタルGTは、ベントレーの2ドアデザインとエンジニアリングの成果の頂点を表している。エレガントに彫刻されたシャープなボディと素材が組み合わさることによって、息を飲むような車が出来上がっていくのだ。



パワートレインの選択は世界で最も選択肢が豊富なカラーパレットから選択するようなものであり、ほぼ無制限のインテリアオプションを備えたパワートレインを選択できるため、数十億のバリエーションがある。実際、現在カスタマーがコンチネンタルGTを買おうとすれば、マリナー(ベントレーの車内特注部門)を通して170億以上の選択肢の中から選ぶことになる。

唯一制限があるとしたらそれはカスタマーの想像力だろう。コンチネンタルGTを所有することで、現在8万台の兄弟がいるにも関わらず個性と独占性の両方が保証されるのだ。

8万台目の車両はオレンジフレームの目を引くような仕様のコンチネンタルGTV8で、ブラックライン仕様とスタイリング仕様で仕上げられており、車の存在感が高まると同時にGTのパフォーマンスのポテンシャルを暗に示している。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事