最初の1台を手にしたのは?ブガッティ・ベイビーIIの納車がついにスタート!

Bugatti

リトル・カー・カンパニーは、限定車「ブガッティ・ベイビーII」の納車が始まったと発表した。

ブガッティとのパートナーシップにより製作されたブガッティ・ベイビーIIは、1926年に製作されたエットーレ・ブガッティの傑作「ブガッティ・ベイビー」を現代風にアレンジしたものだ。ブガッティ創業110周年を記念して開発されたこの車は、ブガッティブランドの歴史を守るだけでなく、新世代の若いブガッティ愛好家にインスピレーションを与えるという意味でも重要な意味を持つ。

現在、500台のベイビーIIが世界中のオーナーの手に順次届き始め、新旧ブガッティ・コレクターの興奮を呼び起こしている。発売以来、国際的な注目を集めており、その現代的なエンジニアリングと、ベースとなったオリジナルのタイプ35への真の敬意が称賛されている。



ブガッティ・ベイビーIIの最初の1台が、ドバイのブガッティ・オーナーに納車された。アラブ首長国連邦のプライベート・ジェット・ターミナルを運営する企業に納入され、カーボンファイバー製の「ヴィテッセ」バージョンのベイビーIIは、空港のVIPセクションへのプライベートな移動に使用される。アル・マクトゥーム国際空港で運が良ければカスタムペイントカラーで仕上げられた印象的なベイビーIIを目にすることができるかもしれない。

また、ベルギーのブガッティ・プライベート・コレクターのもとにも納車されている。このブガッティ・ベイビーIIは、タイプ35A、オリジナルのブガッティ・ベイビー、その他数台の戦前のブガッティを含む、豊富なブガッティ・コレクションの新たなメンバーとして加えられた。このコレクションは、古いものと新しいものが絶妙に共存できることを証明してくれた。



オーダーメイドのカスタマイズとユニークなオプション

モルツハイムのブガッティ・アトリエから出荷された他のハイパースポーツカーと同様に、リトル・カー・カンパニーで製造されたすべての車はどれも唯一無二であり、カスタマーはブガッティ・ベイビーIIに自分の刻印を入れることができる。ドバイに納入されたカーボンファイバー製の「ヴィテッセ」仕様のベイビーIIには、2.8kWhのバッテリーパックとアップグレードされたパワートレインが搭載されているほか、公道走行可能なハイパースポーツカー「シロン」と同様の、スピードキーが付属している。



また、このベイビーIIのために開発された「ジェテックス・オレンジ」という鮮やかな色は、デザイナーと一緒にカスタマーが指定したものだ。このモデルには、ハイパワーLEDヘッドライト、ブレーキライトパッケージ、マッドガード&フェンダーパッケージ、ワイヤリングハーネス/ロームのアップグレードなどを含むツーリングパックが装着されている。



さらにエクステリアのオプションとして、パーソナライズされたナンバープレート、ミラーの裏側とステアリングホイールに反射性のクロームロゴを3D高解像度のステレオリソグラフィで製作した。また、この高度な3Dプリント技術は、車のホイールナットカバー(およびキャリングスペア)の製作にも使用されており、反射性のクロームロゴも個別に設定されている。車内では、プレミアム・レザー・シートが、パール・メタリックとペブル・グレインで仕上げられている。また、カスタマーはトランスポートケースを選ぶことができ、ジェテックスブランドのオレンジ色の手作りケースに入れて安全に輸送することができる。

一方、ベルギーに納入された手造りのアルミニウム製「ピュール・サン」仕様のベイビーIIは、初期のブガッティ・タイプ35のカラーパレットに合わせて、現行のブガッティ・シロンシリーズにマッチした現代的なカラーを使用している。エクステリアには「ノクターンブラック」、インテリアには「テールドール」と呼ばれるレザーを使用したこのブガッティ・ベイビーIIは、現代的なデザインと過去の車両との創造的な融合の美しい例だ。



オリジナルと同じように、それぞれの車には個別のシャーシナンバーが付いている。このコレクターは、自分のコレクションにあるオリジナルのブガッティ・ベイビーに合わせてシャシー388を落札し、その過程で自動車関連の慈善団体への寄付を行った。

リトルカーカンパニーのCEOであるベン・ハードレーは次のように述べている。

「私たちは、お客様がこの素晴らしい”リトルカー”を納車してくださることに感激しています。ブガッティ・ベイビーIIは、エットーレ・ブガッティのオリジナルの傑作に対する現代的なオマージュであり、これらの車がオーナーのもとに届くのを見るのは、私たちにとって非常に誇らしいことです。ブガッティ・ベイビーIIは、お客様の仕様に合わせて一台一台愛情を込めて手作りされていますので、私たちのワークショップから出荷される車は、まさに世界に一台しかありません。私たちは、これらの車が何年も大切にされるのを見るのが待ちきれませんし、新しい世代の若いブガッティ愛好家にインスピレーションを与えることができたと思っています」

ブガッティの醍醐味

ブガッティ・ベイビーIIのオーナーになると、権威あるブガッティ・オーナーズ・クラブとリトル・カー・クラブの会員になり、世界中の有名なレース場でブガッティ・ベイビーIIを走らせることができるようになる。さらに、すべての車両には12カ月間の保証が付いており、クライアントサービスチームによる無期限のサポートを受けることができるため安心だ。

ブガッティエクスペリエンスの一環として、カスタマーには取扱説明書とキーが入った美しいブランドロゴ入りのプレゼンテーションボックスが届けられる。また、手作りのブガッティ・ベイビーIIのストーリーと、クリエイターのビジョンがどのように実現したかを詳しく説明した特別な本「The Bugatti Baby II - A History」もプレゼントされる。この素晴らしい限定本では、1926年の先代モデルであるブガッティ・ベイビーをはじめ、オートモビル・エットーレ・ブガッティとブガッティ・ブランドの背景に焦点が当てられ、この車の起源が包括的に解説されている。



ブガッティ・ベイビーIIには3つのバージョンがある。「ベース」「ヴィテッセ」そしてコレクターをターゲットにした「ピュール・サング」だ。ピュール・サングは、ヴィテッセと同じパワートレインを搭載しながら、手作業で形成された美しいアルミニウム製のボディワークを備えている。オリジナルのブガッティタイプ35と同じ伝統的なコーチビルディング技術を用いて、それぞれのアルミニウムボディは200時間以上の熟練したクラフツマンシップによって作られているのだ。



ベイビーIIの性能は、ブガッティの名に恥じないものだ。後輪駆動のみの設定で、全バージョンのベイビーIIに、完全電動パワートレイン、高性能油圧ブレーキ、選択可能なドライビングモードが搭載されている。ベースモデルには、時速20km/h、出力1kW(1.3bhp)に制限された「ノビス」と、時速45km/h、出力4kW(5.4bhp)に制限された「エキスパート」の2つのモードが用意されている。

ヴィテッセとピュールサングには、「ノヴィス」と「エキスパート」のドライビングモードが搭載されているが、ブガッティ・スピード・キーを使用してパワートレインをアップグレードすることで、さらなるパフォーマンスの向上を実現している。これにより、最大10kW(13.4bhp)の出力を発揮することができ、全備重量はわずか230kgで、最高速度は70km/hに達する。ドライバーの体重にもよるが、0-60km/hはわずか6秒という性能を備えているのだ。


オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事