今年はEVも参加できる|トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバル2021開催決定!

トヨタ博物館

トヨタ博物館は、「第32回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を10月24日(日)に、愛・地球博記念公園(通称モリコロパーク:愛知県長久手市)にて開催する。昨年はoctane.jpでもレポートしたように、コロナウイルスの影響もあり会場はトヨタ博物館、台数も50台のみで規模を縮小しての開催となったが、今年は募集台数を100台に増やし、再び青い空と緑の芝生に戻る運びとなった。イベント開催にあたり、7月7日(水)より全国から参加車両の募集を開始している。

このイベントは、クラシックカーを通じた自動車文化の醸成と継承を目的に毎年開催しているもので、個人所有のクラシックカーによる公道パレードや展示を行っている。今年は、イベントのテーマを「持続可能(サステイナブル)」とし、SDGsに沿ったパレードや展示、魅力的なライブ配信を通じたグローバルイベント化を目指す。その一環として、30年以上前に生産された車両とは別に、電気自動車(年式不問)を特別枠として募集する。





開催概要は以下の通り

■第32回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル
開催日:2021年10月24日(日)
開催場所:愛・地球博記念公園(モリコロパーク) 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
募集車両:約100台(応募多数の場合、車種等の情報をもとに事務局にて選定)
参加費:3,000円/台
募集期限:2021年8月13日(金)必着
応募方法:エントリー用紙をトヨタ博物館ホームページでダウンロードし、郵送
応募資格:【通常枠】1991年以前に生産された国産車・輸入車(除く、二輪車)/ 【特別枠】電気自動車(年式不問)

【共に以下の要件を満たすこと】
・正規のナンバープレートがある車両(仮ナンバー不可)
・乗用車及び商用車(大型車両、軍用車は除く)
・応募者ご自身が使用している車両
・オリジナルを基本とした車両(レプリカ・改造車は不可)
・任意保険(対人・対物・搭乗者)に加入
・パレードでのお披露目走行ができる

※新型コロナウイルスを巡る動向次第で、直前に中止・内容変更となる可能性あり。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事