ここはサーキットではない。 まだ、どこにもない真のドライビングコース

photography : Kazumi Ogata

『THE MAGARIGAWA CLUB』
そこにはモータースポーツやサーキットなど、競技を連想させるワードは含まれていない。それは2022年末に千葉県南房総市に誕生する、アジア初となる本格的な会員制ドライビングクラブである。手掛けるのは1861年に創業し、1964年の輸入車取扱い開始から、日本における真のラグジュアリーカーライフを担ってきたコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドである。果たしてそこはどのようなクラブになっていくのか。国内外の様々なコンクールの審査員に招かれ、世界における上質なカーライフを見続けてきたカーデザイナー中村史郎氏に、まずそのコンセプトをお聞きいただき、その後現地で視察をしながらTHE MAGARIGAWA CLUBへの感想を伺った。



成田や羽田といった国際空港から1時間。身一つで行って、すぐに愛車での走行を楽しめる。その日の夜に、銀座でディナーもできる。そんな車好きが夢見る世界がかなうのも、そう遠い日ではない。2022年に千葉県・南房総市に「THE MAGARIGAWA CLUB」がオープンすると、"エンスーの夢"が現実となるからだ。

まずは「マガリガワ・プロジェクト」のコンセプトを俯瞰してみよう。100万㎡もの広大な敷地のうち、38万㎡にあたる部分を開拓し、緑を豊かに残しつつ、800mものロングストレートを擁するロードコースを中心に、和のテイストを生かしたオーナーズ・パドックやクラブハウス、ダイニング、富士山を望むプール、そしてジムや温泉といった施設が設けられている。300台ほどの収容が可能な保管ガレージや、プライベートヴィラとして販売をするオーナーズ・パドックは、A,B,C,Dの4タイプが設定されており、もっとも広いタイプは400㎡もの広さだ。まさに、壮大なプロジェクトである。

これはTHE MAGARIGAWA CLUBのロビーのイメージだ。リゾート施設のような空間デザインも、「今までにはない」という絶対的なコンセプトを考えると頷ける。

「コースが深い山の間の中にあることがスパ・フランコルシャンを、コースの高低差がラグナセカを思いださせますね」とつぶやくのは、日産自動車でチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めた中村史郎氏だ。現在は、東京・代官山とLAハリウッドに構えたスタジオを中心に世界中のネットワークをつないで、独自のデザイン・マネージメントを展開する「SNデザインプラットフォーム」を運営している。クラシックカーへの造詣も深く、世界2大イベント、ペブルビーチとヴィラデステの審査員も務めている。

グループが運営する会員制のレストラン&バー「1861」で、まずジオラマを見ながら説明を受ける。中村史郎氏はペブルビーチコンクールデレガンスの審査員に14回連続で選ばれる知識人。ここ数年はコンコルソ・エレガンツァ・ヴィラデステの審査員も委嘱されるなど、世界的に権威ある優雅な自動車イベントを知る数少ない日本人である。日産自動車の元専務執行役員で、チーフ・クリエイティブ・オフィサー 。

今回はオクタン日本版として、世界のラグジュアリィカーライフを知る中村史郎氏に、THE MAGARIGAWA CLUBの現地を視察いただき、その意義や価値について忌憚なきご意見をいただくことを企画した。

文:川端由美 監修:中村史郎(株式会社 SN DESIGN PLATFORM) 写真:尾形和美 

RECOMMENDEDおすすめの記事