ダラーラEXPは、ダラーラ・ブランドという王冠の「宝石」である

Images:Shinichi EKKO , Dallara

もしも、すべての制約から解き放たれた、唯一無二の夢のマシンを作ることができるとしたら、それはどのようなものになるだろうか。何十年にもわたる経験、パフォーマンス、レースへの情熱を理想的に統合したダラーラEXPが、その答えなのかもしれない。



コロナ禍の影響で少しスローダウンしていたダラーラ・ストラダーレの生産だが、この夏の始まりと共に再び本格的に稼働し始めたようだ。しかしダラーラ社全体としてはこのコロナ禍においても多忙を極めていた。ご存知のようにダラーラはフォーミュラカーの製造やハイパフォーマンスカーの開発コンサルタントがいわば本業であり、それらの事業は極めて順調だ。なぜならこのジャンルにおいて彼らにはコンペティターが不在だからだ。

サーキットで闘うためのマシン

現在バックオーダーを抱えているダラーラ・ストラダーレの生産へ人員シフトを強化しており、新設された専用アッセンブリーラインでは、熟練工によって忙しくアッセンブル作業がおこなわれていた。実は彼らが今まで以上に忙しく作業を進めなければならないのにはもうひとつの理由がある。そう、ニューモデルであるダラーラEXP(イーエックスピー)の生産が始まっているのだ。「ダラーラ・ストラダーレはジェントルマン・ドライバーが快適にサーキットまでツーリングをおこない、そのままサーキットランも楽しむことができるというまさに理想的なスポーツカーです。しかし、私たちはさらなる進化も考えていました。この1年の間にカスタマーからの強い要請から、サーキット専用モデルの開発をおこなっていたのです」とCEOのアンドレア・ポントレモリは語る。

オリジナルの美しいディテイルを保ちながらも最強の空力アップデートが施されている。ダラーラの素晴らしい仕事だ。ガレージイタリアによるリバリーも魅力的。
 
ノーマルモデルでもFIA GT4クラスを凌駕するパフォーマンスを発揮するダラーラ・ストラダーレだが、レースにおけるレギュレーションはまた別の問題だ。FIAの規定で必要とされるセーフティー・フューエルタンクや6点式シートベルトは、ロードカーとしてのホモロゲーションには適応しないのだ。このサーキット専用バージョンは、そういったレース参戦用の装備を備えるほか、大幅にサーキットにおける戦闘力を高めている。スリックタイヤ装着のための新たなサスペンション・セッティングやブレーキ強化はもちろんのこと、そのパワートレインも大幅にブラッシュアップされている。ノーマル比+25%パワー、+40%トルクを発揮する500ps 、700N mというスペックを備えるエンジンと50%早いギアシフトを実現する改良された2 ペダルトランスミッションのおかげで、そのパフォーマンスはフェラーリ・チャレンジを軽く凌駕し、その実力はGT3クラスのトップレベルに位置する。

ダラーラ・ストラダーレ専用アッセンブリーラインで製造が始まっているEXP。コロナ禍で遅れた分を取り戻すべく熟練工達も大忙しだ。
 
もちろんダラーラ・ストラダーレのアイデンティティであるライトウエイトは死守され、ドライウエイトは僅か890kgだ。空力面においてもさらに改良が加えられ、オリジナルの美しいシェイプを活かしたまま、リアのスポイラーとフロントディフューザーの形状変更を主としたモディファイだけで30%のダウンフォースの増加を達成しており、トップスピードにおけるダウンフォースは1100kgに達する。また、スリックタイヤの採用と共にラテラル・アクセラレーションは2.7Gを記録する。
 
エレガントなプロポーションを保持しながらも、このEXPモデルはカーボン目地を活かしたマットブラックのエクステリアと戦闘的なリバリーが採用されている。実はこのEXPと称すネーミングから、イエローのアクセントカラーを効果的に活用したインパクトのあるリバリーを含むトータルコーディネートはラポ・エルカーン率いるガレージイタリアとのコラボレーションによって生まれたものなのだ。

コクピットには6 点式シートベルト&シート、デタッチャブル・ステアリングなどが用意される。もちろんウインドスクリーンやガルウイングドアなどの装着も可能。

託された重要ミッション

このダラーラEXPにはもうひとつの大きなミッションが託されている。それはダラーラ・ストラダーレの北米ローンチだ。ダラーラ・ストラダーレはそのピュアリティを維持するため、あえて北米における公道走行のホモロゲーションを獲得せず、トラック専用モデルとしてのデビューが計画されていた。そして北米で近年顕著なプライベートサーキットにおける積極的なワンメイクレースの開催など、まさに機は熟したと彼らは判断したわけだ。北米における熱狂的なダラーラファンに向けてこのEXPのローンチは何よりのグッドニュースであり、それは全世界におけるダラーラ・ストラダーレのモータースポーツ活動に対する大きな後押しとなる。また今回EXPに採用された新しいスペックの幾つかはアフターマーケット・オプションとしてノーマルモデルにも適用が可能とされている。

ダラーラ・ストラダーレの魅力をさらに高めるEXPだが、公道走行を念頭にしたノーマル・バージョンにその新開発パーツを追加できるのもグッドニュース。

デリバリーが順調に進み出し、北米マーケットも動き始めたダラーラ・ストラダーレの未来が明るいことは間違いない。アフターコロナに向けて彼らの本拠地であるヴァラーノにおけるサーキットランと当地における豊かな自然を背景とする食文化などをミックスしたユニークなエクスペリエンス提案の再開も計画されている。ジャンパオロ御大とテーブルを囲み語り合うという素晴らしい体験も夢ではない。このジャンパオロ・ダラーラの夢から生まれたこのダラーラ・ストラダーレの絶え間ない進化は何よりも楽しみだ。

文:越湖信一 写真:越湖信一、ダラーラ Words:Shinichi EKKO Images:Shinichi EKKO , Dallara


アトランティックカーズ
〒106 - 0041
東京都港区麻布台 3 - 5 - 5
TEL: 03 - 3583 - 8611
FAX: 03 - 3583 - 8613
営業時間: 10 : 00~18 : 00 
定休日: 無休 ( 年末年始・夏季休業を除く) 
https://atlantic-c.jp/dallara-stradale/

文:越湖信一 写真:越湖信一、ダラーラ

RECOMMENDEDおすすめの記事