アウディが独自に開発!ドリフト界のカリスマ、ケン・ブロックのためのEV「S1フーニトロン」

audi

アウディは、アメリカのドリフトアーティスト、ケン・ブロックのために独自に開発したAudi S1 e-tron quattro Hoonitronを発表した。この電気自動車は、ブロックが彼のチームと共に制作する動画の新たな主人公となり、動画は今後数ヶ月のうちに公開される予定だ。

「S1フーニトロンは、アウディが1980年代にすでに持っていた多くの要素を兼ね備えています。例えば、この車の素晴らしいエアロダイナミクスは、今や完全に現代的なフォルムに変換されています。アウディのデザイナーが自分たちの過去からインスピレーションを得て、この車の技術や外観を独自に現代に移し替えているのがカッコイイと思います」と、幼い頃からアウディのラリーカーに夢中だったケン・ブロックは話す。 



2つの電気モーター、全輪駆動、豊富なパワー、カーボンファイバー製のシャシー、モータースポーツの最高統括団体であるFIAが定める完全な安全基準―これらのスペックだけを知っても車の全貌は分からない。11月、ブロックは初めてこの車を実際に知ることになった。

「アウディがドイツで数日間テストする機会を与えてくれたのです」とケン・ブロックは言う。「内燃機関やトランスミッションを使ったさまざまな車に親しんできましたが、ここでは新しい発見がたくさんありました。停止状態から右足だけで150km/hのドーナツスピンをするのは、私にとってまったく新しい経験です。僕らの仕事は、車と僕がお互いに慣れることに集中することでした。アウディ・スポーツ・チームの素晴らしいチームワークに感謝します」



S1フーニトロンの技術開発を含むすべての開発は、このプロジェクトに最適な場所でさるAudi RS e-tron GT1の生産拠点であるネッカーズルムで行われた。スタイリングはインゴルシュタットのアウディデザインが担当し、マーク・リヒテと彼のチームにとって特別な仕事となった。

「このプロジェクトの話を聞いた瞬間、チーム全員がワクワクしました。私たちのブランドのアイコンと未来を融合させた車を開発する機会を得たのですから。S1パイクスピークを現代的に解釈し、オール電化で制作。通常1~1.5年かかるデザインプロセスを、最初のドローイングから最終デザインまでわずか4週間しかかからなかったのです。ケン・ブロックと彼のチームとは常に連絡を取り合い、集中的に意見交換を行いました」と、Audiのチーフデザイナーは語っている。



ケン・ブロックと彼のチームは、「Elektrikhana」というワーキングタイトルで、S1フーニトロンが登場する有名なジムカーナシリーズの次の動画を制作することになっている。

「アウディとのコラボレーションは、私にとって非常に特別なパートナーシップです。このブランドとモータースポーツへの情熱が、私をラリーへの道に向かわせたのです。アウディが私と私のチームのためにこの車を開発し、次のプロジェクトに参加してくれたことは、私にとって夢のような出来事でした。フーニトロンは、我々の歴史の次の章を書き、我々のジムカーナストーリーを未来へと導いてくれるのです」と、ケン・ブロックは語っている。 



マーク・リヒテは、「世界中の何百万人もの人々が見ることになるケン・ブロックのビデオのための車を開発するということは、私たちのチームにさらなるモチベーションを与えてくれました。「このような新しいインスピレーションは、私たちの日々の仕事にとっても非常に重要なものです。この車の開発は、私たちがよりオープンで進歩的な考え方で今後のプロジェクトに取り組むための励みになるでしょう」と話している。


オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事