来たれ、シトロエンオーナー! 3日連続のモーニングクルーズなど、シトロエン尽くしのイベントが本日より開催

CITROEN

本日1月7日(金)から1月10日(月・祝)まで、東京渋谷区の代官山 蔦屋書店にてシトロエンNEW C4/Ë-C4のデビューを記念した「NEW CITROËN C4 & Ë-C4 DEBUT EVENT "Garage de CITROËN”」(ガラージュ・ド・シトロエン)が開催される。



期間中は代官山T-SITEメインストリートに、正式発表されたばかりの日本仕様のNEW C4(ディーゼル)とNEW Ë-C4(BEV)の2台が展示される。さらに、シトロエンオリジナルグッズを販売するポップアップスペース、7日のクラシック&オールドシトロエン展示、NEW C4/Ë-C4の試乗、そしてシトロエンをテーマにした 3日連続のモーニングクルーズなど、内容は盛り沢山だ。

イベント名の”Garage de Citroen"は、「シトロエン好きのガレージ」を意味する。好きなモノが詰め込まれた空間として、イベント会場に新旧モデルのオーナーやシトロエンに興味を持つ人が集い交流し、もっとシトロエンや車を好きになってもらえるような場にしたいという想いが込められているという。

NEW C4

NEW Ë-C4
※写真は欧州仕様車。試乗車両は一部装備が日本仕様と異なる個体になります。

今回展示されるNEW C4/Ë-C4は、シトロエンの伝統であるCセグメントハッチバックの系譜にあるモデルだ。戦前のC4から戦後のAMI 6、GS、GSA、BX、ZX、Xantia、Xsara、C4、C4 CACTUSなど、シトロエンには時代を代表するミドルサイズモデルが存在した。これら歴代モデルに息づくシトロエンの独創性と個性、そして快適な乗り心地はNEW C4/Ë-C4に受け継がれている。7日(金)の午後には、こうした歴代モデルを含めたクラシック&オールドシトロエンをオーナーの協力のもと駐車場にて展示される予定となっている。

また、今回のイベントでは公式オンラインショップには未掲載の、この会場でしか購入できないアイテムも販売される。さらに、シトロエンを愛しシトロエンをテーマとした数多くの作品を遺した色鉛筆画家・絵本作家・イラストレーターの故・今村幸治郎氏の作品のミニギャラリーも展開されるというから、ファンにとっては見逃せない。



さらに、「CITROËNモーニングクルーズ 3Daysスペシャル」として、代官山 蔦屋書店の名物企画「代官山モーニングクルーズ」をシトロエンをテーマに3日間連続で開催するという試みも。初日の1月8日(土)はNEW C4/Ë-C4デビュー記念として同モデルの直系となるC4(1928~1934)、AMI 6、GS、GSA、BX、ZX、Xantia、Xsara、C4、C4 CACTUSにあえて限定している点もユニークだ。2日目の1月9日(日)は名前がCから始まるモデル(例:C2/C3/C3 AIRCROSSSUV/C4/C4 Picasso/C5/C5 AIRCROSS SUV/C6 など)、3日目の10日(月・祝)は、名前がC以外から始まるすべてのシトロエン車が対象となっている。

※写真はイメージです。2019年に開催されたシトロエン100周年イベント「CITROËN CENTENARY
GATHERING」のモーニングクルーズの模様です。


CITROËNモーニングクルーズ 3Daysスペシャル

開催期間:2022年1月8日(土)~1月10日(月・祝)
時間:7:00~10:00
イベント会場:代官山T-SITE 駐車場
問い合わせ先:代官山 蔦屋書店 クルマ・バイクフロア
Tel:03-3770-5005(11:00~20:00)
https://www.facebook.com/daikanyama.lindbergh

なお、イベント開催期間中、シトロエンオーナーはシトロエンのキーを代官山 蔦屋書店2号館のクルマフロアカウンターに提示すると、1時間分の駐車料無料券が貰えるとのことだ。

NEW CITROËN C4 & Ë-C4 DEBUT EVENT "Garage de CITROËN” 概要
開催期間:
2021年1月7日(金)〜1月10日(月・祝)
※「クルマフロア」グッズ販売および今村幸治郎氏作品展示は13日(木)まで

イベント会場:
代官山 T-SITE 代官山 蔦屋書店
〒150-0033
東京都渋谷区猿楽町16-15
Tel: 03-3770-2525
https://store.tsite.jp/daikanyama/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事