イベントレポート|素晴らしき時代の車たち 2018 at オートドローム・リナスーモンレリ

Photography:Tomonari SAKURAI

パリからちょっと車で走ればそこには90年以上の歴史のあるオートドローム・リナスーモンレリがある。すり鉢コーナーのある歴史のあるサーキットで、第4回を迎えた"素晴らしき時代の車たち"というイベントが行われた。回を増す毎に参加車両が充実してますます元気なイベントだ。プジョーやルノーの活躍したラリーカーのカテゴリーではこのイベントでは初めてランチア・ストラトスが2台参加した。残念なことに一台はオイルパイプが抜けたことにより火災が発生する事故となってしまった。

こちらでもポルシェ70周年を記念してクラシックポルシェのカテゴリーが追加された。そこで登場したのはフランスのガレージ、LEGEND CARからの917Kのレプリカだ。今年のレトロモビルで展示発表されたモデル。実際に走行を披露するのはこれが初めて。イタリアからは2 年ぶりの参加となる" 21世紀のクラシックカー"Effeffeが元気よく走行。会場ではパリダカのユベール・オリオールやF1ドライバーのエリック・コマスやアルトゥーロ・メルツァリオなども登場した。


煙を上げてピットに戻ったストラトスだがエンジンフードを開けるとすでに炎が出ておりオフィシャルによって消火された。


イタリアから2年ぶりに参加したEffeffe Berlinetta。


Effeffeは70年代のDOHCのアルファロメオのエンジンを使用している。フレームは剛性をコンピューターで計算された現代の設計。サスペンションもエンジンルームからアクセスする。


ラリーの歴史でもフランス車は活躍し人気が高い。


フランスも例年よりも気温の高い日が多かった。この日も9月としては暑く、青空は夏の色をしていた。その下で出走を待ち構える車たち。


ポルシェ6気筒エンジンを搭載して疾走する917Kのレプリカ。

素晴らしき時代の車たち
2018 9/28-29-30
Autodrome de Linas-Montlhéry FRANCE

文・写真:櫻井朋成 Words & Photography:Tomonari SAKURAI

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事