祖母のガレージから発見されたホコリまみれの2台のイタリアンスーパーカー

Reddit

価値ある車が人目に付かず、ホコリをかぶって発見されるということは悲しいことでもある。しかし、時には発見されたことによって昔の記憶を呼び起こせることもある。

"バーンファインド"というと、「どこかのコレクターが隠し持っていた」ということが多いが、今回発見されたのは発見者の祖母が所有していたガレージ。そして、その祖母が所有していた車は、ランボルギーニ・カウンタックとフェラーリ308だったのだ。

すべての写真を見る



発見者によると、祖父が過去に車レンタル事業をしていたが経営破綻してしまったそう。しかし、カウンタックと308だけは残したいということで20年間に渡りガレージにしまい込まれていたのだ。祖父が亡くなってからは、祖母がガレージ管理をしていたが車については何も親族に知らせていなかった。





あまり実働はされていなかったようで、コンディションは良好に見える。発見者は、いずれどちらも破棄するつもりであるとコメントしているが、公に販売するつもりもないという。知人の間で引き取ってくれる人物を探すのであろうか。今後の動向も気になるところだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事