500万円台で買える4人乗りフェラーリ│貴重な右ハンドルモデル

Silverstone auctions

フェラーリ 365GT4 2+2の後継モデルとして1976年にデビューしたのが、400GT 2+2である。はじめてオートマチックトランスミッションを搭載したモデルとしても知られるこのモデルは、4.8リッター V12エンジンを搭載し、最高出力は340bhpを発揮する。4シーターであるため、ファミリーカーとして所有した人もいるはずだ。

すべての写真を見る



そして、シルバーストンオークションに出展されるこの1台は、27台のみ製造された右ハンドルモデルのうちの1台である。この1台のトランスミッションは、標準のマニュアル。1978年に製造され、これまでに4人のオーナー(うち2人は家族間譲渡)が所有し、走行距離は4万5000マイル。コレクターであった最初のオーナーが、特注したシルバーグレーのエクステリアにレッドとブラックのレザーがインテリアがそのまま残っている。





整備記録は最初からすべて付いており、オーナーズブックなども付属。いくつか付け替えられたオリジナルのパーツも車の中にすべて保管してあるという。

400 GT 2+2が市場に出ることも珍しいことであるが、その中でも特に貴重な1台と言えるであろう。フェラーリブランドということもあり、高値が付けられているのかと思えば、推定落札価格は3万8000ポンド~4万4000ポンド(555万円~642万円)となっている。少々手のかかるファミリーカーとしていかがだろうか。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事