2020年ピレリカレンダー|コンセプトは「ジュリエットを探して」

Pirelli

その美しい写真の芸術性から、アート作品としても名高いピレリのカレンダー。2020年のカレンダーを撮影するフォトグラファーにパオロ・ロヴェルシが起用されたことは既報のとおりだが、このたびそのコンセプトが明らかになった。

タイトルは「ジュリエットを探して」。シェイクスピアのあまりにも有名な作品のヒロインであるジュリエットを、さまざまな文化や国の女優やシンガーが演じることになった。ロヴェルシは、「ジュリエットを探して」の主人公たちに、理想的なジュリエット役を自分自身のキャラクターや感情や芸術形式に乗せて表現するよう促したという。

すべての作品を見る


ロヴェルシにより選ばれたジュリエット役は9名。イギリス人俳優のクレア・フォイ、ミア・ゴス、イギリス人俳優兼活動家のエマ・ワトソン、アメリカ人俳優のインドゥヤ・ムーア、ヤラ・シャヒディ、クリステン・スチュワート、中国人シンガーのクリス・リー、スペイン人シンガーのロザリア、フランス系イタリア人アーティストのステラ・ロヴェルシである。




シェイクスピア劇と愛の交錯や強さ、そしてヒロインの若さと美しさを彼女たちがどのように演じるのか。そして、「私は人生をかけてジュリエットを探し続けている。ジュリエットは夢だから」と語るロヴェルシが、それぞれの主人公が演じたジュリエットをどのようにファインダー越しに切り取ったのか。





撮影は今年5月にパリとイタリア・ヴェローナで1週間にわたり行われた。現時点では撮影の舞台裏風景が公開されているのみであるが、実際のカレンダーはどのような作品となるのだろうか。完成を楽しみに待ちたい。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事