伝説のレーサー ジム・クラークの生涯を辿るミュージアム│創設したのはあのレーサー?

Jim clark museum

スコットランドのダンズに位置する、ジム・クラーク・モータースポーツ・ミュージアムが8月29日に正式オープンする。1968年に32歳の若さで命を落とした伝説のドライバーであるジム・クラークを称えるものだ。

このミュージアムはF1チャンピオンを3度獲得しているジャッキー・スチュワートが、資金を集め創設したもの。ジム・クラークはジャッキー・スチュワートにとってこれまで戦ってきた中で最も良いライバルであったと話し、近しい友人でもあった。



展示されている中には、ジム・クラークがステアリングを握った2台のアイコニックなレースカー、ロータス25とロータス コルティナも含まれている。また、モータースポーツ界に入るまでの過程なども、膨大な資料、フィルム、ギャラリーを通して紹介されている。ジム・クラークが両親から送られたという100以上のトロフィーも並ぶ。

オフィシャルオープンの日には、ジャッキー・スチュワートがジム・クラークとの交友関係やレース人生について語るトークショーが開催予定となっている。

入場料は5ポンドで、一度払えば12ヵ月は何度でも入ることができるとのこと。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事