トヨタが船舶向けに初の燃料電池システムを開発│世界一周中「エナジー・オブザーバー号」に搭載

トヨタの欧州事業を統括するトヨタ モーター ヨーロッパ(TME)は、燃料電池技術を初めて船舶向けに応用し、再生可能エネルギーで世界一周航海を目指しているフランスの「エナジー・オブザーバー号」向けのFCシステムを開発した。

TMEは、「トヨタ環境チャレンジ2050」でトヨタが目指す「人とクルマと自然とが共生する社会」の考え方に「エナジー・オブザーバー号」が目指すものが一致していると考え、航海開始時からオフィシャル・パートナーとして支援している。航海での実証を通じて、化石燃料の再生可能エネルギーへの置き換えの可能性を検討するとともに、将来の再生可能エネルギーを効率的に、かつ大規模に利用するソリューションを探求している。



加えて、船舶へのトヨタのFC技術応用に向けて、TMEと「エナジー・オブザーバー号」のチームメンバーは緊密に連携してきた。TMEテクニカルセンターは、燃料電池自動車「MIRAI」の搭載部品を用いて船舶用のコンパクトなFCシステムを開発し、「エナジー・オブザーバー号」に搭載した。従来の「エナジー・オブザーバー号」と比べ、高出力、高効率、高信頼性を実現している。

船舶用のFCシステムの再設計から、部品の製作、コンパクトなFCシステムの開発、船への搭載まで、7ヵ月で実施。これは、トヨタのFC技術の様々な用途への高い汎用性を示しているといえよう。

「エナジー・オブザーバー号」は、太陽光や風力の再生可能エネルギーや海水から生成した水素を用いた燃料電池を動力とする、世界で初めての自立エネルギー型燃料電池船である。2017年6月に母港であるフランス北部のサン・マロ港を出発し、6年かけて50か国、101の港に立ち寄りながら、世界一周航海に挑戦している。



2019年末には、停泊中の「エナジー・オブザーバー号」でトヨタのFCシステムの搭載試験を実施し、現在は2020年ツアーの出航を控え、海上で最終試験を行っている。トヨタのFCシステムを搭載した「エナジー・オブザーバー号」は、2020年2月にサン・マロ港を出港し、大西洋と太平洋を横断する予定だ。

トヨタのFCシステムは、走行中にCO2を一切排出しない「ゼロ・エミッション車」として「MIRAI」で長年その利点を実証してきたが、近年、バスやトラックなどにも応用している。船舶へのFC利用は、水素社会の実現に向けたさらなる一歩だ。今後も、低炭素社会の実現に貢献するため、さらなる取り組みを進めていくとのこと。

オクタン日本版編集部

タグ:

RECOMMENDEDおすすめの記事