レクサスの新たな思想「Lexus Electrified」を│ミラノデザインウィーク2020に出展

Lexus

レクサスは、2020年4月20日(月)~26日(日)、イタリア・ミラノで開催される世界最大のデザインイベント、ミラノデザインウィーク2020に出展し、世界中のクリエーションが集結するトルトーナ(Tortona)地区の中心であるスーパースタジオ・ピュー内アートポイント(Superstudio Più)において、「LEXUS DESIGN EVENT 2020-SENSES ELECTRIFIED」を開催する。

通算13回目のミラノデザインウィーク出展となる今回は、レクサスの電動化ビジョン「Lexus Electrified」からインスパイアされた人の感性に寄り添い、感覚の拡張をもたらす体験型のインスタレーションを実施し、あわせて電動化ビジョンを象徴するEVのコンセプトカー「LF-30 Electrified」を展示する。



「Lexus Electrified」とは、電動化技術を用いて車両の基本性能を進化させ、自動運転や電動化などモビリティ社会が変化し続ける時代においても、車がもたらす楽しさ・喜びを提供し続けることを目指すレクサスの思想である。電動化技術の先駆者として、車の原点に立ち返り、走りの楽しさを大きく進化させ未来の高級車の在り方を根本から変えていくという。

コラボレーションデザイナーとして参画するのはロンドンを拠点に活動する空間デザインスタジオLoop.pH。Loop.pHの創設者でありディレクターでもあるマティアス・グマクル氏はコラボレーションにあたり次のようにコメントした。「先進的でHuman-Centered(人間中心)なテクノロジーの活用を考えるLEXUSと共創できることにとてもワクワクしています。SENSES ELECTRIFIEDでは感覚を刺激し、新しい発見やその先にある“Amazing”な体験を楽しんでもらうことを目指しました。本インスタレーションでは、電動化がもたらす感覚の拡張を体験できる空間へ、来場者をいざないます」

また、会場内では、LEXUS DESIGN AWARD 2020のファイナリスト6名によるプロトタイプ作品を展示。4月20日(月)のプレスデーでは、ファイナリストたちが作品のプレゼンテーションを行い、グランプリの受賞者が発表される。


LEXUS DESIGN EVENT 特設サイト https://lexus.jp/brand/lexus-design/design_events/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事