キドニーグリルはインテリジェンスパネルに│BMWのピュアEV i4は2021年より生産予定

BMW

BMWは、ピュアEVグラン クーペのコンセプトモデル「コンセプト i4」を初公開した。

このコンセプト i4は2021年に生産を開始する予定の「i4」の前身となるもの。i4は、BMWらしいドライビングプレジャーを強く感じられるモデルになるという。今回発表されたものはコンセプトモデルであるが、量産モデルと大きく変わらないそうで、巨大なキドニーグリルが最大の特徴となる。このキドニーグリルはこれまでのグリルとは違い、EVならでは、様々な環境状況などを取り込むセンサーとして機能するインテリジェンスパネルである。BMWらしいダイナミックさはしっかりと受け継がれているが、どこか異彩を放つ。



パワートレインには、i4用にBMWが開発を続けてきた電動モーターをフロントに搭載し、最高出力は530ps、0-100km/h加速は4.0秒とのこと。航続距離は600km(WLTP値)としている。

EVとなると、自動運転であっても不思議ではないがi4において、自動運転という概念は取り込まれておらず、あくまでも運転を楽しむことができる車として設計された。洗練され無駄のないキャビンはドライバー中心に開発・デザインされており、ディスプレイの位置やスイッチの位置はドライバーの利便性を考慮したものである。



i4の市販モデル生産は2021年より開始予定で、ミュンヘンの工場で作り上げられる。i4の生産設備を整えるため、BMWは2億円以上を投資しているそう。これからの展開が楽しみだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事