ホンダが開始するEV向けエネルギーマネジメントサービス「e:PROGRESS」とは?

Honda

ホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、欧州で自動車メーカー初となる、再生可能エネルギーの活用と充電コスト低減を両立するEV向けエネルギーマネジメントサービ「e:PROGRESS(イー プログレス)」を2020年中に開始すると発表した。

e:PROGRESSは電力需要が少なく、最も電力コストの安い時間帯にEVを充電することで、電力需要を平準化し、再生可能エネルギー由来の電力使用拡大に貢献する、EV向けエネルギーマネジメントサービスである。欧州初の自動車メーカーによるエネルギーマネジメントサービスであり、2020年中に英国で提供を開始し、順次ドイツや欧州各国に展開する予定。 

スマート充電、リソースアグリゲーションを専門とするMoixa社、電力会社のVattenfall社と共同で提供される。e:PROGRESS契約者は、スマートフォンのアプリケーションに必要な充電量を入力し、EVをホンダ パワーチャージャーなど自宅の充電器につなぐだけで、Moixa社の「GridShare(グリッドシェア)」システムを通じ、Vattenfall社が提供する変動型電気料金を活用して、最も電力コストの安い時間帯に自動的に充電が行うことができるのだ。



なお、ホンダ パワー チャージャーはホンダが開発したEV用充電器であり、e:PROGRESSサービス開始に先立ち、Honda eのデリバリー開始と同時に、2020年初夏に欧州で発売される。

カーボンフリー社会の実現に向けて、エネルギーマネジメントソリューションに取り組んでおり、V2G(Vehicle to Grid)の実証実験を2020年1月より英国・ロンドンで開始。ロンドン・イズリントン特別区のタウンホールに電力系統との双方向での充電・給電が可能な双方向充電器「sospeso&charge(ソスペソ アンド チャージ)」を複数台設置し、公用車(EV)への充電、EVから建物への給電、さらに電力系統への調整力提供まで含めたエネルギーマネジメントの技術実証を行っている。最も電力需要が少ない時間帯にEVを充電し、電力需要が高まる時間帯にEVに充電した電力を建物や電力系統へ供給することで、電力需要の平準化と、再生可能エネルギー由来の電力使用拡大を目指す。今後の展開に期待したい。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事