モンスター高級車!5m超えボディで1000馬力を発揮した一台│車内にはブルガリの時計も

GM

かつて"キャデラック"という言葉には"何か究極のもの"といった響きがあった。しかしそれは既に何十年も昔のことで、21世紀におけるキャデラックは、マイバッハやロールス・ロイスに代表されるような特別な顧客のための高級車ではなかった。

2003年に発表されたシックスティーンは、GMのプレミアムブランドとしてのキャデラック・ イメージを強固にすべく発表されたコンセプトカーだ。その全長は5673mm。マイバッハ57にも匹敵する大きさだ。長いボンネットの下にはなんと、1930年代のキャデラックを紡彿とさせる、本物の13.6リ ッター V16エンジンが搭戟されているのだ。さらに驚くべきことに最高出力は1000馬力にも及ぶというそのエンジンは、環境への配慮から市街地では4気筒のみで走ることもできたのである。

々としたシルエット、桁外れに長いホイールベース、24インチのタイヤ、垂直に立ち上がった形状のヘッドライト、巨大なクローム製グリル、需動で中央から左右対象に開閉するボンネット・・あらゆる点が実験的ではあるが、16気筒エンジンのインパクトに負けず劣らぬ風格を有している。

豪華な内装にも注目したい。シートはトスカーナ ・ レザーを使用したハンドメイド。カーペットも手織りのシルクで作られている。ダッシュポー ドやドアパネル、コンソールなどを飾る化粧板は クルミ材で作られている。時を刻むのは、ダッシュボードに据え付けられたブルガリの時計だ。

編集翻訳:編集部 Transcreation: Octane Japan

RECOMMENDEDおすすめの記事