日本限定20台!トライアンフよりジェームズ・ボンドモデル「Scrambler 1200 Bond Edition」登場

トライアンフより、「007」 シリーズ初となるオフィシャルのジェームズ・ボンドモデル 「Scrambler 1200 Bond Edition」 が発表された。

2019年12月、トライアンフは「007」シリーズの製作会社であるイーオン・プロダクションズと新たにパートナーシップ契約を締結したことを発表した。それに加えて、シリーズ最新作となる第25作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のダイナミックなアクションシーンでトライアンフのバイクが使用されていることを明らかにした。

今回のコラボレーションを記念し、「007」シリーズ初となるオフィシャルなジェームズ・ボンドモデル「Scrambler 1200 Bond Edition」を発表。「007」モデル専用のデザインが目を引くこのScrambler 1200は、全世界で250台、日本限定20台のみという大変希少な限定モデルである。Scrambler 1200 Bond Editionは、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のバイクスタントシーンに登場するカスタムのScrambler 1200をイメージして製作されたものだ。Scrambler 1200シリーズ最上位モデルである「XE」の傑出した性能とプレミアムなディテールをすべて踏襲している。美しくオリジナリティのあるディテールやフィニッシュからはワンランク上の高級感が漂っている。 



優美でオリジナリティ溢れるジェームズ・ボンド専用デザインとして、007のロゴが入った美しいエキゾーストナンバーボードとサイドパネルロアフィニッシャー、ロゴ刺繍入りの高級本革シート、TFTディスプレイにBond Edition専用スタートアップ画面を採用、劇中でボンドが駆るバイクをイメージした「007」専用ボディカラーなどがあげられる。シリアルナンバー入りプレートと専用バッジ、Bond Edition専用ハンドオーバーパックも付いてくる。ハンドオーバーパックには、トライアンフのニック・ブロアCEOの直筆サイン入りシリアルナンバー証明書、プレミアムなリュックサックが入っており、ファンには堪らないだろう。



全世界で限定250台、日本限定20台。メーカー希望小売価格は、259万円(税込)。発売時期は、2020年6月下旬を予定しているとのこと。


公式サイト

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事