最強最速のレーシングマシンと呼ばれたポルシェ917の栄光

Porsche AG

モータースポーツの歴史において、ポルシェは数々の栄光を刻んできた。

最強最速のレーシングマシンといわれたポルシェ 917の前に当時立ちはだかったのは、ライバル勢ではなく、レギュレーションの変更であった。世界メーカー選手権の新ルールが施行された1967年末、ポルシェはこれを受けて排気量5リッターまでのクラスに参戦できる新型レンシュポルトの開発に踏み切ったのである。それまで成功を収めていた 907/908の後継モデルとして開発された917には、空冷式12気筒エンジンを搭載し、その出力は1970年当時、580ps /8300rpmという驚異的なものであった。

そして、1970年6月14日、現時点で通算16度のル・マン総合優勝を記録しているポルシェに、記念すべき初勝利をもたらしたのである。343ラップ、4607. 81kmを走破したハンス・ヘルマン/リチャード・アトウッド組の操るポルシェ・ザルツブルクの 917ショートテール(#23)がトップでゴールを果たす。2位にはジェラール・ラ ルース / ヴィリー・カウゼン組のマルティニ 917、 そしてルディ・リンス / ヘルムート・マルコペアが操るポルシェ 908/02が3位に入り、輝かしい1-2-3フィニッシュを果たしている。


製造年: 1970 年
クラス: スポーツカー
エンジン: V型 12気筒エンジン(180°)
排気量: 4494cc
最高出力: 580ps(426kW)
車両重量: 800kg
最高速度: 340km/h
主な功績: 1970 年ル・マン総合優勝
ドライバー: ハンス・ヘルマン、リチャード・アトウッド

RECOMMENDEDおすすめの記事