今年で50周年!美しいグランドツアラー ランボルギーニ・ハラマ

lamborghini

1970年3月のジュネーヴ・モーターショーで初めて発表されたランボルギーニ・ハラマGTが今年で50周年を迎えた。

雄牛の繁殖で有名なマドリード北部の地域にちなんで名付けられたハラマは、4リッター V12気筒エンジンをフロントに備えた2+2グランドツーリングセダンコンセプトの進化形だった。以前の400GTとイスレロに基づいて開発され、同じレイアウトを採用している。デザインはマルチェロ・ガンディーニが手掛けており、70年代のスタイルのトレンドに合わせて角張ったラインが特徴的である。



シャシーはリニューアルされ、全幅はイスレロから10センチメートル拡大されて1,490mmとなり、スポーティなランボルギーニらしく15インチのカンパニョーロマグネシウムホイールを備えていた。ウェーバー40 DCOEキャブレターを搭載したV12エンジンは、最高速度260km/h(161mph)で350hpを発揮した。

プロトタイプのボディワークは、イスレロの生産を終えたばかりのカロッツェリア・マラッツィによって組み立てられ、量産モデルはカロッツェリア・ベルトーネで生産された。1972年に100台製造されたハラマは、ボディパネルをベルトーネが担当し、マラッツィで組み立てられた、ハイブリッドモデルとなっているのだ。



インテリアは非常に豪華で、革張り、エアコン、快適な空間と広々としたトランクがある。1972年のジュネーヴ・モーターショーに続いて、365hpにパワーアップしたハラマGTSバージョンでバリエーションは拡張された。新しいインストルメントを備え再設計されたダッシュボードと、広々としたリアを実現するためのフロントシート形状が変更されている。また、「S」バージョンでは、合金ホイールも異なっている。



合計328台が生産されたハラマは、50年間経ってもなおその魅力を失っていない。美しさだけでなく、最後のフロントエンジンのグランドツアラーであったということもあり、ランボルギーニの歴史の中で重要なモデルとなっている。それ以降、スーパーSUV LM 002とウルスを除いて、ランボルギーニのモデルはミドシップエンジンを備えている。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事