マツダがRX-7のサービスパーツ復刻プロジェクトをスタート

mazda

「新しい車だけではなく、古い車をも大切にできる社会を育み、世の中の自動車文化に貢献したい」という考えのもと、これまで初代「ロードスター」のレストアサービスや復刻パーツの情報を中心に提供してきたマツダ。今回新たなプロジェクトを発表した。

新しく発表されたものは、供給終了となっている2代目および3代目の「RX-7」のサービスパーツを復刻して再供給するというもの。2代目「サバンナRX-7」(1985年から1992年まで生産)と3代目「RX-7」(1991年から2002年まで生産)に乗っている方や、ロータリーエンジン車を中心に扱う整備会社とのコミュニケーションを通して特にニーズの高いサービスパーツを選定し、サプライヤー各社の協力のもとで復刻したそうだ。

これまでに供給が継続されているパーツに加えて、2代目は30点、3代目は61点の復刻パーツを2021年2月までに販売開始する予定とのこと。これらの復刻パーツは継続されているパーツと同様にマツダグループの販売店および部品販売会社を通じて購入可能だ。

また、このたびの復刻パーツ販売に合わせて「CLASSIC MAZDA」ホームページが更新された。今後は「RX-7」の情報も随時掲載されていく。


「CLASSIC MAZDA」ホームページ(マツダオフィシャルサイト)
https://www.mazda.co.jp/carlife/classicmazda/

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事