トライアンフより新型スピードツイン発表|進化を遂げたパフォーマンスアイコン

Triumph

キャラクター、スタイル、ピュアなスポーツパフォーマンスの組み合わせにより、トライアンフのスピードツインが2021年モデルへとアップデートされた。「より高いパフォーマンス」「より優れたハンドリング」「高度なテクノロジー」などを備え、ディテールが一新されている。

トライアンフ正規販売店にて2021年8月発売予定。

スピードツインは、クラスをリードするハンドリング、スリリングで応答性の高いエンジン、高度なライダーテクノロジーやカテゴリーを定義するプレミアムなフィニッシュとディテールを備える。数々の賞を受賞したスピードツインは大きな成功を収め、カスタマーからも好評なモーターサイクルとなった。スラクストンRが持つ出力とパワーをより扱いやすいセットアップで感じることのできるスピードツインは、現代的なカスタムスタイルと魅力的な乗り心地をよりプレミアムで美しいディテールとタッチで実現したものだといえるだろう。



そして2021年モデルのスピードツインは、キャラクターやスタイルに加え、パワーとパフォーマンス、そして、ハンドリング、テクノロジーとスタイルまで、あらゆる次元で進化を遂げた。

より高度なパフォーマンス

2021年モデルで大幅に更新されたスピードツインの特徴的なハイパワー型の1200ccボンネビルツインエンジンは、高いパフォーマンスとともに低排出ガスを実現、Euro5に完全に準拠している。エンジンの最高出力は3PSアップ、7,250rpmで100PSを発揮し、加えて前世代よりもミッドレンジでより多くのパワーを発揮する。

また、驚くほど強力かつリニアなパワーデリバリーに加え、2021年モデルのスピードツインはより緩やかなトルク曲線を有し、前世代モデルと比較して、112Nmの最大トルクを500rpm以上低い回転数で発生させる。

スピードツインのエンジンの応答性は、新しい軽量クランクシャフトと新しいオルタネーターによって慣性が17%削減、これにより大きく向上した。これにより、エンジンは前世代よりも速く回転し、高回転をより長く実現する。レッドゾーンは、従来より500rpm高くなっている。さらに、新しい高圧縮ピストン、改良されたポート、および新しいカムプロファイルにより、パフォーマンスの強化が成し遂げられた。

新しいブラシ仕上げステンレススチール製のメガホンツインアップスウェプトスポーツサイレンサーによってボンネビルツイン独特のサウンドを奏でる。これは、スピードツインの伝説的なその名にふさわしい、深みのあるハスキーな咆哮を実現するよう精巧に作られている。革新的でシームレスなエグゾーストヘッダーパイプはキャタライザーを巧みに隠し、特徴的なクリーンラインの“ストレートラン”デザインを特徴としている。



ちなみに、トライアンフモダンクラシックシリーズのすべてのモデルと同様に、初回点検のサービスインターバルは16,000kmと長めに設定されている。これにより維持費が低く抑えることが可能だ。

より優れたハンドリング

2021年新世代モデルのスピードツインには、高性能なマルゾッキ製43mm径倒立フォーク(カートリッジダンピング付き)が搭載されており、120mmのホイールトラベルで、より快適な走行をもたらす。これらはスプリングプリロードの調整が可能なツインリアサスペンションユニット、120mmのリアホイールトラベルとマッチしており、どちらもより優れたハンドリングと完璧なモダンロードスターのライディングのために精密にチューニングされている。



新世代のスピードツインをさらに強化するブレーキ性能は、新しく高性能なブレンボ製4ピストンM50ラジアルモノブロックフロントブレーキキャリパーとブレンボ製320mm径ツインディスクによって改良が加えられている。加えて、220mm径ディスクを備えたニッシン製2ピストンフローティングリアキャリパーとABSが標準装備されており、これらにより初期制動の食い付き感、フィール、フェード特性が改善された。



驚異的なグリップ、精度、高速安定性を保証する新しいメッツラー製レーステックRRタイヤが標準装備されており、軽量の12本スポークデザイン、17インチの新しいアルミキャストホイールがフロントとリアの両方に付属する。

美しくバランスの取れたモーターサイクルであるスピードツインは、直感的で自信に満ちたライディングをもたらす。乗り降りのしやすい809mmのシート高、スリムな車幅、テーパードハンドルバー、スラクストンより38mm前方、4mm低く設定された快適なロードスターフットペグポジションは人間工学に基づいて調整されており、ライダーによりリラックスできるライディングポジションを提供する。

強化されたテクノロジー

新世代のスピードツインには、正確なスロットル制御を保証し、レイン、ロード、スポーツの3つのライディングモードを可能にする洗練されたライドバイワイヤシステムなど、ライダーに焦点を当てたテクノロジーが詰め込まれている。これらは2021年モデルで進化された装備で、ライダーの好みに合わせてスロットルレスポンスとトラクションコントロール設定の両方を調整する。走行中でもボタンに触れるだけでライディングモードを変更できるため、走行状況の変化に対応しライダーの自信と安全性を最大限に高める。ライダーは、インストルメントパネルのメニューからトラクションコントロールを個別に解除することもできる。また、車両にはLEDリアライトおよびLEDインジケーターが装備されている。

モダンな3Dクロックには、ハンドルバーに取り付けられたスクロールボタンからアクセスできるデジタルメニューシステムが組み込まれている。これによりライダーは、ギアポジション、2つのトリップ設定、燃料レベル、航続距離、平均燃費および瞬間燃費などの重要な情報を確認でき、トラクションコントロール設定ならびに、アクセサリーとして搭載されている場合にはTPMSインジケーターにアクセスすることができる。



その他のライダーに焦点を当てたテクノロジーの中には、シート下部のUSB充電ソケット、アクセサリー装備のタイヤプレッシャーモニタリングシステム、プレミアムなトライアンフブランドロゴ入りのキーに統合されたトランスポンダー付きイモビライザーが含まれる。

よりプレミアムなスタイルとディテール

新型スピードツインは、新しい12本スポークアルミキャストホイールと、ブラシ仕上げのステンレススチール製ヘッダーを備えたツインアップスウェプトスポーティサイレンサーに加えて、象徴的なタンクニーインデント(燃料タンク側面の凹部)を特徴とする14L燃料タンク、美しいバーエンドミラー、スカルプテッドサイドパネル、スタイリッシュなベンチシートを特徴とする。新しいマウントのフロントおよびリアのブラシ仕上げアルミニウム製マッドガード、加えてブラシ仕上げアルミニウム製サイドパネルフィニッシャーおよびヒールガードなど、プレミアムなディテールとフィニッシュが車両全体で調和されている。塗装加工の施されたヘッドライトボウル、クラシックなモンツァ型フューエルキャップ、アルミニウム製クリアアルマイトスイングアームを際立たせる新たなアルマイトヘッドライトマウントには、強化されたプレミアムなタッチとディテールを表現している。

ペイントスキームは3種類。新型スピードツインのカラースキームには、新しく鮮やかで光沢のあるレッドホッパー、絶妙なイエローのアクセントが付いた洗練されたマットストームグレー、または時代を超越するジェットブラックが用意されている。

モーターサイクルアイコンの起源

モーターサイクルの様相に変革をもたらした1938年のオリジナルトライアンフスピードツインは、世界で初めて成功を収めた並列2気筒エンジンが革新的なシャシーに組み込まれたモデルであり、驚くべき走りを実現した。そのスムーズでダイナミックなハンドリングと、応答性に優れたフィールが、パフォーマンスおよびハンドリングで世界一のモーターサイクルブランドとしてのトライアンフの地位を確立。その後、全てのモデルが踏襲する土台を築き上げ、先駆けでありながら本物のライダーバイクであるという世界的な名声を得た。

2021年モデルの新型スピードツインは、トルク感の厚いパフォーマンス、俊敏でダイナミックなハンドリング、そして非常に魅力的で現代的なカスタムモーターサイクルのデザインとキャラクターが相まって、再び新たなる基準を打ち立ててくれるだろう。

50種類以上のカスタムアクセサリー

新型スピードツインは、ライダーが車両のスタイル、実用性を強化するために50種類以上のカスタムアクセサリーでパーソナライズすることができる。これらは、マルチファンクションLEDインジケーターからキルティングシートやラゲッジ、ニーパッド、エンジン用アクセサリー、ヘッドボルトカバー、サンププレート、グリップヒーターなどにまで及ぶ。





すべてのトライアンフ純正アクセサリーは、完璧な統合と優れた耐久性を保証するため車両と同等の厳格な基準に従って設計、開発されており、すべてに2年間の走行距離無制限保証が付帯している。

新型スピードツインはトライアンフ正規販売店にて2021年8月発売予定。メーカー希望小売価格は1,686,000円~となる。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事