小さくても確実にスターリング・モスの魂が宿っている!|300SLRのジュニアカー

collecting cars

このメルセデス・ベンツ300SLRジュニアは、1955年のミッレミリアレースでスターリング・モスが駆って総合優勝したスポーツロードスターに敬意を表して作られた、ジュニアカーだ。

48ccのエンジンを搭載し、遠心クラッチで後輪を駆動することで、最高速度は15マイル(約24km/h)に達する。ブレーキは機械式ピストンキャリパー付きのシングルディスクだ。



この300SLRは、スターリング・モス氏による既存のデザインをベースにした、数少ない「ハーフスケール」作品のひとつである。プレートには、スターリング・モス本人のサインが入った証明書と、サインを記録した写真が添付されている。このミニ300SLRはの対象年齢は5歳から9歳までだ。



シャーシは特注設計のパウダーコーティングされたスチール製で、ボディワークはガラス繊維強化プラスチック製だ。シルバーの塗装とレッドの「722」のカラーリングは、モスがデニス・ジェンキンソンと共同でミッレ・ミリアを制した時のものを忠実に再現している。ボンネットとトランクリッドは機能的で、ヘッドライトも作動する。12インチのスチールホイールに空気入りタイヤを装着し、3つのクローム・スピナーで仕上げられている。





キャビンは、手縫いのダークブルー・レザーとタータン・クロスのパネルをシートに採用し、オリジナルの車に敬意を表している。フロアにはグレーのカーペットが敷かれ、エッジやサイドパネルにはダイヤモンドキルトのレザーが使用されている。また、ドライバーの前方には、4本スポークのポリッシュド・アルミニウム製ステアリング・ホイールと、プラスチック製のエアロ・スクリーンが設置されている。さらに、カラーリングに合わせて仕上げられた新品のHELDヘルメットも付属する。



このメルセデス・ベンツ300SLRジュニアは、細部にまでこだわった手作りの素晴らしいジュニアカーで、スターリング・モス氏の本物のサインも入っている。大人のクラシックレースカーやメルセデス・ベンツのコレクションに加えるのもいいかもしれないが、もちろん、まだ運転免許を持っていないレースファンが運転して楽しむのにも最適だろう。このミニSLRはこれまでに製造されたヒストリックスポーツカーの中でも最も認知度の高い車の一つに、楽しく、忠実に敬意を表しているのだ。


オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事