「ボーラ生誕50周年」「ビトゥルボ生誕40周年」を祝して|第27回目のマセラティデイ、開催!

Maserati Club of Japan

11月20日(土)~21日(日)、横浜みなとみらいベイエリアにて27thマセラティディが開催され、多くのマセラティスタが集結した。マセラティ・クラブ・オブ・ジャパン年間最大のイベントであるマセラティディであるが、昨年はコロナ禍のリスクを鑑みて中止となり、今回も直前まで開催の是非が検討されていた。幸いなことに感染状況も改善され、緊急事態宣言も解除されたことから、万全の感染防止に対する対応を行ったうえでの開催となった。

パシフィコ横浜プラザ広場へ集まったのは約50台のマセラティ。人数にして90名、遠くは九州よりからはるばる参加したメンバーもいる。また、”ファミリー参加”のクラブポリシーのもと、新生児をはじめとする子どもたちの参加も多く、賑やかで和やかな雰囲気に包まれたイベントとなった。



会場にはマセラティ兄弟が最後に関与したレースマシンであるA6GCSから最新のラインナップまでがずらりと並んだ。今回のマセラティディのテーマのひとつは「ボーラ生誕50周年」。ボーラのコンセプトは時代を先取りするもので、居住性、快適性を重視した大排気量ミドマウントエンジン・スポーツカーという新しいカテゴリーに挑戦した革新的なモデルである。シトロエン経営陣の撤退、デ・トマソによるマネージメントの開始など、複雑な状況下に重なり、実質的には2年半余りしか本格的な生産が行われず、現存する個体数も限られているが、今年は2台のボーラが参加した。手作りの車ならではの個体差を比較するマニアックな楽しみ方もできる展示であった。



もうひとつのテーマは「ビトゥルボ生誕40周年」。マセラティとして初の本格的量産に取り組んだモデルであり、多くの革新的な技術が取り入れられ、また効率的生産設備の開発にも多くの資金が投入された。今回はその最初期モデルのひとつであるキャブレター仕様のビトゥルボEの美しい個体をはじめとして、ギブリII、3200GTへ至るビトゥルボ・ファミリーの総ラインナップが勢揃いした。



クラシックモデルでは直6系のセブリング、ミストラルのクーペ&スパイダー、ギブリ、ギブリ・スパイダー、インディなどが参加。エレガントかつ圧倒的な存在感で場を魅了した。

初日の夜にはヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルのボールルームでガラディナーが行われた。日欧商事、フェッラーリの協賛によるスプマンテによって乾杯が行われ、マセラティ社CEOであるダヴィデ・グラッソ氏のメッセージが届く。併せてマセラティジャパンCEO、グレゴリーKアダムス氏によるマセラティ最新状況に関するスピーチ、次いで越湖会長より今回のイベント・テーマであるボーラ生誕50周年、ビトゥルボ生誕40周年に関するヒストリカル・リサーチ、並びに本社マセラティクラシケの最新状況などが発表されるレクチャータイムとなった。また、ビトゥルボ時代のインポーターであったガレーヂ伊太利屋の勝田社長によるビトゥルボ秘話も披露され、会場は大いに沸いた。

クラブ各エリアの活動報告の後、コンクールデレガンスの結果発表が行われた。主要受賞者は以下の通り(敬称略)。

グランプリ 東 直行 ギブリカンパーナスペチアーレ 1989 

ベストクラシコ(クラシック) 小林和弘 ギブリ 1967

ベストセミクラシコ(ネオ・クラシック) 今枝久人 ギブリII2.0GT 1997

ベストモデルノ(モダン) 田中 保 グランツーリスモMCストラダーレ 2013

グランプリとなったギブリIIは、マセラティと密接な関係を持つモデナのカロッツェリア・カンパーナがマセラティ本社とのコラボレーションのもとに販売を計画した限定モデルのプロトタイプ。長らくクラブ内にあったものの、しばらく不動のままであったこの世界に一台だけ存在するモデルが、マセラティディに向けて仕上げられ、その希少性とオーナーの情熱などが高い評価を受けたものだ。

イベント2日目はパレードランが開催された。クラシックモデルを先頭にベイブリッジを経由しての首都高、そして銀杏並木の美しい山下公園エリアを抜ける、ゆったりとしたツーリングである。



パレードラン終了後、再びプラザ広場に各車両は戻り、ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜へと移動した。エントランスには届いたばかりのクアトロポルテ・トロフェオのフォリセリエ(カスタマイズ)モデルをはじめとしてMY2022がディスプレイされていた。ホテルのボールルームにはMC20が鎮座し、その詳細なレクチャーに続いて、メンバー達は三々五々、実車に触れながらのランチタイムを楽しんだ。再びプラザ広場へと戻り、駐日イタリア大使、ベネデッティ氏へ各車両の紹介など、楽しい会話を楽しみつつ、マセラティディは閉会となった。


マセラティディは来年も同時期に開催予定。併せて新規会員も募集中とのことだ。

マセラティ・クラブ・オブ・ジャパン
創立1993年マセラティ社公認オーナーズクラブ
問合先:contact@maseraticlub.jp 
ウェブサイト: http://www.maserticlub.jp/

マセラティ・クラブ・オブ・ジャパン、オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事