進化していく車のデザイン│コンセプトカー部門を授賞したルノーの先鋭車

自動車にとって大事な要素の1つである"デザイン"。日本カーデザイン大賞実行委員会が主催する日本カーデザイン大賞は、自動車のデザインにのみ着目した賞だ。その年に発表されたモデルの中から、量産車部門、コンセプトカー部門の2部門で賞が選出されるほか、クレイモデリング大賞が選出され、それぞれ「ゴールデンマーカー・トロフィー」「ゴールデンクレイ・トロフィー」が贈呈される。

この日本カーデザイン大賞ゴールデンマーカー賞 2018-2019 コンセプトカー部門に、昨年発表されたルノーの自動運転/交通システムコンセプトカーの EZ シリーズ3モデルが選出された。



2019 年1月19日(土)に行われた授賞式には、EZ シリーズのデザインプロジェクトを担当したステファン・ジャニンが参加し、トロフィーを受け取った。日本カーデザイン大賞は、世界中の自動車メーカーが注目する権威ある賞で、ルノーのモデルは、2013年にルノー ルーテシアが量産車部門で受賞して以来、2度目の受賞となった。

ルノー・ジャポン代表取締役社長 大極司は「この度、権威ある日本カーデザイン大賞ゴールデンマーカー賞コンセプトカー部門を受賞致しましたこと、ルノーはもちろん、ルノー・ジャポンとしても大変うれしく思います。お陰様でルノー・ジャポンは、昨年まで 9 年連続で販売台数対前年比増を記録しましたが、これはフレンチタッチで、魅力的なデザインのモデルを、日本のお客様にお届けできたことが大きな要因の一つではないかと思っています。今後も引き続きフランスから魅力的なデザインのモデルを積極的に導入し、『お客様のライフスタイルを車を通じてサポートし、そしてフランス文化も合わせて日本の皆様に楽しんで頂く』というルノー・ジャポンのミッションの達成にまい進して参ります。今後とも応援をよろしくお願いします。」とコメントした。





こちらは、1919年 ルノー Type EU Torpedoと1978年 ルノー アルピーヌ A310だ。どちらのデザインもどこか革新的で、EZシリーズに通じるものを感じる。ルノーはいつの時代でも、独創的な"ルノー・デザイン"を生み出してきたのだ。

未来に向かって、自動車のデザインはどのように変化を遂げていくのだろうか。様々な想像が膨らんでいく。

ルノー・ジャポン

RECOMMENDEDおすすめの記事