車の愉しみは男性だけのものじゃない!女性編集部員がクラシックカーラリーを初体験

Photography: Classic Car Rally OKINAWA, Masaru SUZUKI

春の訪れを感じる3月初旬に、沖縄で開催されるクラシックカーラリーに参加しませんか?というお誘いをいただきました。2019年で4回目の開催を迎える「クラシックカーラリー沖縄2019」です。オクタン日本版からは昨年は編集長が参加しましたが、今年は別のスタッフにもイベントの魅力を知ってもらいたいという、このラリーに特別協賛をしているショパール ジャパンの計らいでお声がけをいただいた次第。

自動車メディア業界にはかれこれ20年以上携わり、国内外のクラシックカーラリーの取材もしている私ですが、実際にラリーに参加したことは過去にありません。こんなチャンスはそうそうないと、二つ返事でお受けしたのが事の発端です。そのためクラシックカーラリー初心者目線でのレポートとなりますこと、ご容赦ください。
null2日間のラリーの相棒となったトヨタスポーツ800。

いざ出発に向けての準備を始めた段階で、すでにわからないことが多すぎることに気付きました。沖縄の天気予報は雨。何を着ればいいのだろう、靴はどうしたらいいんだろう、荷物は車のトランクに入るのかしら、車内に持ち込むバッグには何を入れるべき?コドライバーとして参加するから筆記用具は必須よね、夜のパーティー用にフォーマルな服と靴とバッグも持って行かなくちゃ、など準備に関する疑問や心配は尽きません。経験豊富な編集長に訊ねても、そこにはやはり性別の差があります。この時代に「男性だから」「女性だから」という区別はナンセンスだとは思うものの、クラシックカーの世界を謳歌しているのは男性がほとんどで、女性向けの情報がありません。あれもこれもと詰め込んでいたら、2泊3日の日程にもかかわらずスーツケースがいっぱいになってしまいました。

沖縄への到着日。前泊したザ・ナハテラスでビギナー向けのブリーフィングに参加しました。クラシックカーラリー全般について、コースについて、PC競技について、その他の注意点などを教えていただき、「他に何か質問はありますか?」と聞かれましたが、そもそも何がわからないかがサッパリわからない状態なので、具体的な質問はできません。「コドライバーの役割として気を付けることは、ドライバーのご機嫌をとることです!」という、クラシックカーラリー沖縄実行委員長である宮下実さんの言葉だけを信じて翌日からのラリーに臨むことにしました。とにかく、ドライバーに気持ちよく運転してもらえるようにすること。それが私の今回の任務です。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事